北朝鮮 金正恩氏(提供:KNS/KCNA/AFP/アフロ)

写真拡大

 米中央情報局(CIA)のポンぺオ長官が5月初旬、極秘裏に韓国を訪問し、韓国に昨年亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使や、元朝鮮人民軍幹部や北朝鮮の元党・政府幹部らと会い、金正恩朝鮮労働党委員長の所在に関する情報などについて事情聴取を行っていたことが明らかになった。

 その後、CIAや米国土安全保障省の朝鮮半島問題担当の情報要員ら数十人が韓国入りしており、金氏の排除を目的とする「斬首作戦」実行のための情報収集が本格化しているという。これを警戒して、金氏は6月から7月にかけて3週間も動静報道が途絶えたほか、7月から8月にかけても、ミサイル発射実験時以外は同じように雲隠れしていた。

 金氏はトランプ米大統領が9月上旬、国連総会での一般演説で金氏を激しく非難したことに対抗して、北朝鮮の最高指導者として初めての直々の声明を発表し、トランプ氏について「米国のおいぼれを必ず火で罰する」と罵倒するなど強気の姿勢を見せている。しかし、実は地下深くに建設したシェルター内に閉じこもって、「いつ米軍が自分の首をとりに来るのか」と戦々恐々とした日々を過ごしているようだ。

●「斬首作戦」

 在米情報筋によると、ポンぺオ氏の訪韓の目的は太永浩氏のほか、北朝鮮の元要人らと会い、金氏の日ごろの生活パターンや家族などの個人情報に加えて、北朝鮮国内での軍事クーデターや民衆の反乱など体制転覆の可能性について聴取することだった。

 これを裏付けるように、ポンペオ氏は訪韓後の7月20日、米コロラド州アスペンで行われた安全保障フォーラムで「朝鮮半島が非核化すれば素晴らしいが、最も危険なのは(核兵器を)支配している人物だ」と語ったうえで、「最も重要なのは、そうした(核)能力から(使用の)意図を持つであろう者を分離することだ」とも指摘し、金氏排除の必要性を強調した。

 また、その後の米紙ワシントン・タイムズの単独インタビューでも、「北朝鮮の非核化を外交的手段で実現させることが困難であると判断された場合」、金氏の排除に関する秘密工作の展開など、「斬首作戦」の実行をトランプ大統領に進言する用意があることなども明らかにした。

 これに対して、北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は7月25日、朝鮮中央通信の質問に答えるかたちで、ポンペオ氏の発言に対して「寝言にすぎないが、その度合いを超え、今やトランプ行政府の対朝鮮敵視政策の最終目標がわれわれの『政権交代』にあるということが明白になった」と指摘した。

 また、「朝鮮民主主義人民共和国は、国の最高の尊厳が脅かされる場合、それに直接または間接的に加担した国と対象は核攻撃手段を含むすべての攻撃手段を総動員して、先制掃滅するように法律的に規制している」と反発。さらに「米国があえてわが最高首脳部をどうにかしてみようとするいささかの兆しでも見せるなら、われわれは今まで打ち固めてきた強力な核の鉄槌で米国の心臓部を無慈悲に打撃するであろう」と警告した。

●金氏の雲隠れ

 それとは裏腹に、金氏の雲隠れの回数も増している。韓国情報機関の国家情報院(国情院)は6月15日の韓国国会情報委員会で、金氏の今年の公開活動は51回となり、前年同期と比べ32%減少したと報告。これについて、「金氏が(有事の際に北朝鮮の最高首脳部を排除する韓国と米国の)『斬首作戦』に関する情報を探ることに血眼になっている」として、「(公開)活動を行っても明け方にする。地方を訪問する際は専用車に乗らず幹部の車に乗っている」と説明している。

 8月20日付英紙サンディ・エクスプレスは、太永浩氏が英情報機関MI5やCIAに語った情報として、金氏はいざというときのために、ガソリンを満タンした小型ジェット2機を24時間待機させ、妻子らととも妻や人民軍幹部とともに中朝国境の鴨緑江を越えて中国領に逃走し、最悪の場合、中国に亡命する準備を整えていると報じているほどだ。

 これを裏付けるように、ポンぺオ氏の極秘訪韓後、CIAを中心とする米情報機関の朝鮮半島問題担当者らの動きが活発化しており、数十人が韓国入りし、やはり脱北者を中心に事情聴取し、金氏の所在情報のほか、ミサイル発射や核実験を主導している軍の動きなどの情報を収集。さらに、米国土安全保障省の要員は朝鮮半島有事に備え、20万人あまりの韓国在住米国人の退避計画なども韓国側と検討に入ったという。

 同筋は「金氏は最近、核戦力の完成について『その終着点にほぼ達した』として核弾頭の実戦配備にも言及しており、トランプ政権としては北朝鮮の核の脅威に対応する、ぎりぎりのデッドラインが迫っており、11月のトランプ大統領の日中韓3国歴訪までに具体的な対応を決めることになるのではないか」と指摘している。
(文=相馬勝/ジャーナリスト)