【極秘】美人女優ベッキーの知られざる秘密と噂9選を大発表! / イメージが大きく変わる極秘情報も

写真拡大 (全6枚)

2016年に芸能界を大きく騒がせてしまったタレントのベッキー。「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫がスクープされ、それをきっかけにほとんどのCMが打ち切られ、テレビ出演も自粛状態となり、テレビではほとんど見かけることができなくなってしまいました。

ベッキーの秘密を大発表!



不倫はもちろん良くないことですが、ベッキーファンにとってはこんなに残念なことはないでしょう。一刻も早く以前までのようにテレビで活躍する姿を見たいですよね。

そこで今回はベッキーに関する秘密をたっぷりとお届けします。不倫報道でアンチベッキー派になってしまった人も、ベッキーの知られざる秘密を知れば評価が一変するかもしれませんよ。

1. イギリス人とのハーフ

ベッキーってどうも外国人みたいな名前だよな、なんて思っている方は多いのではないでしょうか。ベッキーはなんとイギリス人とのハーフなのです(母親=日本人、父親=イギリス人)。

近年はハーフのタレントがたくさんテレビで活躍をしていますが、ベッキーはその”ハーフタレントブーム”の先駆けだったのですね。

また、ベッキーは日本とイギリスの二重国籍だったのですが、20歳を機に日本国籍を選択しました。



2. 大学の学費は自腹で払っていた

10代半ばにして芸能界デビューを果たしたベッキーですが、タレント活動と学業を両立させながら大学にも通い、しっかり卒業もしました。高校までは親に学費を出してもらっていたのもあり、「もう半分社会人みたいなものなのだから」と、大学の学費は全額自腹で納めていたそうです。

3. ベッキーの知られざる本名

ベッキーという名前は本名ではありません。ゲス不倫の報道時、流失したLINEのやり取りで川谷絵音がベッキーのことを「エリちゃん」と呼んでいましたが、それこそがベッキーの本名。

「レベッカ・英里・レイボーン」がベッキーのフルネームなのです。ちなみにデビュー当時、芸名として「レベッカ・レイボーン」と名乗っていたこともあるそうです。

4. 歌手名を改名して人気が出た

ベッキーは歌手としても活動をしているが、1999〜2005年の間にリリースした5枚のシングルはポケモンのタイアップ曲「そらとぶポケモンキッズ」がオリコン45位にランクインしたのが最高位。

とても人気があるとは言えない状況でしたが、名義を「ベッキー♪♯」に変えて2009年に再デビューを果たすと、すべてのシングルが20位以内にランクインし、最高位は9位と改名効果がかなりプラスに作用したのです。

5. 美容や喉を守るために水を飲まない

ベッキーはテレビ番組出演時、美容のためや歌手活動などにも支障をきたさないために、番組スタッフに水ではなく白湯を用意してもらうように徹底していたことがあるそうです。

アーティストにとって喉のコンディションを守ることは何より大切。音楽ではブレイクとまではいかなかったベッキーですが、タバコを吸いまくって酒を飲みまくるミュージシャンよりも余程プロ意識が高かったのです。



6. 黒色の服は極力着ない

ファッションセンスも素晴らしいベッキーには黒い服をなるべく着ないというポリシーがありました。黒い服は悲しい時に着る服であり、見る人を悲しい気分にさせてしまうからという配慮で、できる限り自分からは着ないようにしてきたそうです。ちなみに、不倫騒動後には心境に変化からか黒い服を解禁しているようです。

7. ユニセフに巨額の募金をしていた

ベッキーはユニセフに巨額の募金を行い、そのお金でアフリカに5つもの校舎を建てることができたそうです。ベッキーが不倫によって川谷絵音の元夫人やテレビ、CM関係者に迷惑をかけてしまったのは確かかもしれません。しかし同時に、人の役に立つ行動も積極的に行ってきたのです。

8. ベッキーバーガーが発売されたことがある

2017年5月頃、マクドナルド代々木店でベッキーバーガーなるハンバーガーが販売されていたことがあります。これは定番メニューの「ヤッキー(生姜焼きバーガー)」にスモークベーコンをトッピングしたもの。肉々しさを堪能できる、まさに肉食な人向けのハンバーガーでした。





9. 7本もテレビ番組休演中

2017年9月現在、ベッキーはなんと7本ものテレビ番組を休演中という扱いになっています。その中には「ありえへん∞世界」「天才!志村どうぶつ園」「世界の果てまでイッテQ!」「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」「にじいろジーン」などの人気番組が多く、ベッキーがいかに人気者だったかを証明していると言えるでしょう。



許されたという風潮もある



芸能界ではゲス不倫の報道以降、さまざまな芸能人の不倫のニュースが報道され続けてきました。中にはベッキーよりも悪質な不倫もあり、「比べたらベッキーのほうがマシ」「もうベッキーは許した」と言う声もネット上では聞かれ始めています。

再びベッキーが今までのように活躍することはあるのでしょうか。今後の展開を温かく見守りたいですね。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/