火曜日の前日会見で浦和戦への意気込みを語ったヴィラス=ボアス監督(右から2人目)。「勝つのは我々だ」と断言した。(C)Getty Images

写真拡大

 アジア・サッカー連盟(AFC)は9月26日に声明を発表。規律委員会の調査の結果、上海上港のアンドレ・ヴィラス=ボアス監督に罰金1万4000ドル(約155万円)を課すとした。
 
 リリースされた文面は以下のとおりだ。
 
「9月12日に行なわれたアジア・チャンピオンズリーグ・広州恒大戦の試合後、記者会見で上海上港のヴィラス=ボアス監督が発したコメントについて、規律委員会が調査した。その結果、連盟規約の第50条第1項(試合を貶める行為)に違反したと考え、罰金1万4000ドルの支払いを命じる」
 
 ベンチ入り禁止などの処分は明記されておらず、しかも罰金額も少なめと、かなりの温情裁定となった。上海上港や中国サッカー協会サイドからなにかしらの働きかけがあったのか……。やや勘繰りたくなる大甘ジャッジだ。
 
 広州恒大との激闘を制してアジア4強に駒を進めたポルトガル人指揮官だったが、試合後の会見で怒りを爆発させた。不可解なイエロー&レッドカード、広州恒大の選手に対する緩い判定などに加え、移動バスが3度も事故に遭遇して到着が大幅に遅れた(しかもそのうち2回は同じ車が絡んでいた)など、強い口調で糾弾。そして、「いろいろあったが、我々は素晴らしい勝利を掴んだ。なぜなら、AFCを支配しているクラブを下したのだからね」と皮肉たっぷりに吐き捨てていた。
 
 これでヴィラス=ボアス監督は、浦和レッズ戦でも心置きなく采配を振るえる。運命のACL準決勝第1レグは、9月27日水曜日に開催。会場は上海、キックオフは現地時間の21時だ。
 
 試合前日会見に臨んだ指揮官は、AFCの裁定については触れず、こう意気込みを語った。
 
「レッズとはグループリーグで戦ったが、我々も彼らもあの頃とはチーム状況が変わっている。あの時、(当時の監督である)ペトロビッチに『セミファイナルでまた会おう』と言ったが、本当にそうなるとはね。このレベルに戦いになるとなにが起こるか分からないが、勝つのは我々だ。なんにんかの主力が(出場停止で)出れないが、準備は万全だと明言しておこう」

 相変わらず、自信満々である。