リバプール、再三チャンスも勝ち越し弾奪えず…CL2試合連続の引き分け

写真拡大

【スパルタク・モスクワ 1-1 リバプール チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節】

 現地時間26日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節の試合が行われ、リバプールはロシア1部スパルタク・モスクワのホームに乗り込んで対戦。先制されるもフィリッペ・コウチーニョが同点ゴールを決めて、リバプールは1-1の引き分けに終わっている。

 試合開始して23分、ゴール真正面のFKからフェルナンドに直接シュートを決められスパルタクに先制を許してしまう。直後の25分にはクロスに飛び込んだサディオ・マネがゴールを決めるもオフサイドの判定により同点弾とはならず。

 それでも31分、ゴール前のパス回しからDF裏に抜け出したフィリッペ・コウチーニョがゴールを決めて同点に追いついた。その後も多くのチャンスを作ったが、相手守備陣に阻まれ追加点を奪えず。結局、リバプールは1-1の引き分けに終わりセビージャ戦(2-2)に続くCL2試合連続のドローとなった。

【得点者】
23分 1-0 フェルナンド(スパルタク)
31分 1-1 コウチーニョ(リバプール)

text by 編集部