メキシコ大地震の被災者に対して、日本円でおよそ300万円の義援金を贈った本田。(C)Getty Images

写真拡大

 本田圭佑が9月26日、自身のツイッターを更新。メキシコ大地震の被災者へのメッセージを綴り、50万ペソ(約312万円)の寄付を行なったことを明かした。
 
 文書はスペイン語で書かれ、「メキシコの赤十字を通して50万ペソを寄付しました。その痛みは癒えるものではありませんが、どんな形ででも、僕の立場でできるかぎりの助けになりたいと考えました」
 
 この行為に対してツイッターの投稿欄には、所属するパチューカのファンのみならずメキシコ国民からの感謝を伝える書き込みが殺到し、国内メディアも大々的に報じた。
 
 全国紙の『Azteca Deportes』は「大いなる救済!」と銘打ち、「ホンダも他のメキシコ人選手や海外選手たちの支援の輪に加わってくれた」と記した。同じく全国紙の『SDP Noticias』は「日本代表選手は、メキシコのためになにか必要なことをしたかったと言ってくれた。感謝の言葉しかない」と称えている。
 
 同じく『Milenio』紙も「今度はホンダが手を差し伸べてくれた」と題し、「これを読んでほしい」と本田のメッセージを転載した。