北朝鮮の首都平壌の金日成広場で開かれた反米集会の様子。国営朝鮮中央通信(KCNA)提供(2017年9月23日撮影、同24日配信)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米国は26日、北朝鮮の銀行8行とその幹部26人を対象に新たな制裁を科した。北朝鮮の核開発をめぐる両国間の言葉の応酬が激化する中、米側が対北圧力をさらに強めた格好だ。

 スティーブン・ムニューシン(Steven Mnuchin)米財務長官は声明で、新制裁は「平和で核のない朝鮮半島というより広範な目標の達成に向け、北朝鮮を完全に孤立させるというわが国の戦略を、さらに推し進めるものだ」と説明した。

 今回発表された制裁の対象は、北朝鮮の銀行の代表として中国、ロシア、リビア、アラブ首長国連邦(UAE)に駐在している北朝鮮人。制裁対象とされた企業と個人は、米国内のあらゆる資産と権益が凍結される。
【翻訳編集】AFPBB News