Appleは現地時間9月26日(日本時間27日)、iPhoneおよびiPad向けにiOS11.0.1をリリースしました。リリースノートによれば、機能向上とバグ修正が行われている模様です。

バッテリーやアプリ問題を修正か

日本時間9月20日にリリースされたiOS11のアップデート版、iOS11.0.1がリリースされました。iOS11では、バッテリーの減りが早くなる、またアプリが起動しない、クラッシュする、などの報告が一部のユーザーから寄せられていることから、iOS11.0.1ではこれらの問題やバグが修正されていると考えられています。
 
調査によれば、iOS11はリリースから24時間で10.01%、約1週間で24.99%のiOSデバイスにインストールされています。
 
現時点でははっきりわかっていませんが、iOS11.0.1での変更、修正点が判明しましたらお伝えします。またiOS11へアップデートしたのち、上記のような問題に悩まされている方は、早めにiOS11.0.1へアップデートすることをお勧めします。

 
 
Source:9to5Mac,Apple
(lunatic)