中国からバルサ移籍で活躍のパウリーニョ、リケルメが●●みたいと絶賛!

写真拡大

今夏、中国からバルセロナへ移籍したブラジル代表MFパウリーニョ。当初は懐疑的な目も向けられたが、ここまで5試合で2ゴール1アシストと存在感を放っている。

そのパウリーニョについて、元アルゼンチン代表MFリケルメが語った。『Express』によれば、あの名選手に似ているという思いを抱いているようだ。

フアン・ロマン・リケルメ

「パウリーニョはフランク・ランパードと似ているね。違うのは、彼が黒人ということだ。

彼はヘディングでゴールすることもできる。

悪い試合もするけど、それでも得点を決める。

チェルシーのランパードもそうだった」

チェルシー時代に大暴れしたランパードのようだと感じているそう。

また、エルネスト・バルベルデ監督も「(チームに)違うものを加えているね。他の選手が持っていないものを」とパウリーニョを評価している。