シティDFメンディに重傷疑惑…精密検査のためバルセロナを訪問

写真拡大

▽マンチェスター・シティに所属するフランス代表DFバンジャマン・メンディに長期離脱の可能性が浮上している。イギリス『BBC』が伝えている。

▽メンディは、23日に行われたプレミアリーグ第6節のクリスタル・パレス戦に先発出場も、前半の29分にヒザを痛め、DFダニーロとの負傷交代を強いられていた。

▽同試合後、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、26日に行われるシャフタールとのチャンピオンズリーグに出場できる可能性を示唆していた。

▽しかし、その後の経過観察で当初の予想よりも重傷であることが判明したメンディは、26日にヒザのケガに関する権威であるラモン・クガート医師のいるバルセロナに旅立ち、同医師の下で更なる検査を受けるようだ。

▽仮に、メンディがヒザのじん帯に損傷を負っている場合、数カ月の離脱が見込まれる。

▽今夏、5750万ユーロ(約76億円)といわれる巨額な移籍金でモナコから加入したメンディは、ここまで公式戦5試合に出場している。