「能登正人と考える、日本の子供たちがデュエルやチャレンジを避ける理由」

写真拡大

さすらいのフットボーラー、能登正人(のとまさひと)が日本に帰ってきた。

帰ってきたと言っても、「束の間の休息」との表現が適切だろうか。

インドネシアのクラブ、ペルシバ・バリクパパンを退団し、痛めた腰痛の治療に専念するための帰国だからだ。

能登正人のQoly限定コラムはこちら!

彼は、セレッソ大阪ジュニアユースを経て、高校卒業後に単身で渡欧。スペイン、ドイツ、タイ、日本、ラオス、インドネシアと、これまで様々な国でプレーしてきた。

ある意味、今の日本代表メンバーですら経験できない世界を肌で感じてきた男だ。

現在27歳。

未来像も考え始めるこのタイミングで、ロングインタビューを敢行した。

前回は、現在抱えている怪我や引退のことを皮切りに、スペイン挑戦の話、さらに、レアル・マドリーでの紅白戦やハノーファー時代のエピソードへ進み、今回は日本の育成事情がテーマ。

自身が開催している子供向けクリニック、そして、自らのサッカー経験の中で感じてきた、「日本の育成における問題点」とは?

インタビュー再開!

(話は前回の続きから…)

――日本ではルイス・スアレスのようにファールをもらう選手が下手だという話がでましたが。

だと思います。

原因は、日本の指導者が「それファールだからやめなさい」とプレーを止めてしまっているケースが多いんじゃないかと。

広い目でみるとファールでないものが、個々の基準でファールになってしまっているというか。

僕からすると「引っ張ろうが何しようが、審判が見てなかったらファールじゃない」と思うんですよ。

そういう意識が日本の子供にはないので、将来的には海外との差になりますよね。

――そういう教え方が育成年代ではできていないと、解決していくのは難しいですよね。

結果として、それがチャレンジしない子供も育ててしまっているんですよ。

だから、僕が教えるときは「1対1は何が何でも止めろ」と促します。

極論ですが「相手をこかしてでもいいから、殴ってもいいから止めろ!」みたいな感覚です。

で、やりすぎた時に、「これはダメなんだな」、「ファールなんだな」って後から気付けばいいだろという考え。

だから、チャレンジする前に指導者が子供を止めてしまうと、そういう成長機会も期待できなくなると思うんですよ。

――日本代表監督は「デュエル」を重視していますが、そういう意識を持った選手は、日本の環境から変えないと育ちにくい気がします。

そこを考える指導者が少ないんだと思います。

それはサッカー協会の方針もあるでしょうけど。

たぶん、僕みたいな考えの人間がライセンス講習を受けに行ったら「そんな指導はやめてください」と言われると思います(笑)

――その似たような話で言うと、過去にライセンスを取りにいった際に、違和感があったエピソードがありました。

どんな話ですか?

――「とにかく、対戦相手をリスペクトをしよう」いうJFAの指導がベースにあるからだと思いますが、「対戦相手の話をする時に、子供たちに『敵』という表現は控えましょう」という話を全面的に出していたんです。たしかに、リスペクトは大事ですが、この教え方は、一歩間違うと「絶対に負けない」という精神的な部分の成長を阻害しないかなと。

なるほど!

――ラフプレーは良くないことですが「絶対こいつには負けない」、「何としてでも止めてやろう」という意識は、対戦相手のことを「敵」ぐらいに思わないと、出てこないものなんじゃないかなって。

海外の場合、リスペクトする気持ちと闘う気持ちが上手く共存できるんですけど、日本人は下手ですからね。

――その反面、日本の場合は、リスペクトという部分が、「遠慮」だったり、「弱々しさ」に変わりやすい印象です。

まぁ、サッカーなんて総合格闘技『UFC』のリングと一緒ですからね。

試合中に色んな局面で「食うか食われるか」の戦いです。

そういう意識が子供たちにない限り、やっぱり、伸びにくいと思います。ある程度のレベルで終わってしまうというか。

これも極端な話ですが、ヤンキーのほうがサッカーは上手いと思っています。ある程度、無茶苦茶やるぐらいのほうが(笑)

「意識を変えることから」

――能登選手はジュニアユース時代を含めて、Jクラブでプレーしていますが、その時の感覚はどうでしたか?

闘争心的なものはなかったですね。結局、日本でサッカーをやっていても「死ぬ」ことはないから。

逆に海外は違う。

一人で海外に行ったら、サッカーをやっていても「死ぬ」ことがあるんです。常にプレッシャーの中で生きています。

「この試合で勝たないと給与が入らない、入らないと飯が食えない」という状況になれれば、「そりゃ誰でも頑張りますよ」っていう話です。

さらに、海外は「常に上を目指すためのピラミッドがしっかりしている」という点も大きいです。

だから、10歳の子供でも高いプロ意識があったりするんです。

――その年齢でプロ意識があることはすごいですね。

ですよね?でも、残念なことに日本の子供たちにはそれが少し欠けている印象です。

だから、僕がクリニックでサッカー教える時もいつもこう言います。

「サッカー選手になりたいの?」

「サッカー選手がどういうことをやっているを知っている?」

「それをその年齢で知れたらどう思う?サッカー選手になれる気がしない?」

そうすると、子供たちも僕の言うことに聞く耳を持ってくれるようになるんです!

――「まずは子供たちの意識を変えるところから」ということですね。

ですね。

そこはすごい重要だと思っています。後は怪我の防止も同じぐらい大事です。

「サッカー選手になるにはトレーニングだけじゃなく、ケアも大事だよ」と教えています。

怪我で泣かされるサッカー人生を送って欲しくないので…。

――子供たちの試合間隔って、ある意味、プロ以上に過酷だったりしますからね。

そうなんですよ。

一日三試合とかあったりするんでしょ?あれは無茶苦茶だと思います。

それではサッカーやってるようでサッカーじゃないです。

――そこも含めて海外とは指導方法が違います?

違いますね。

海外ではプロになるための重要なことや厳しさも子供に教えています。

みんなきっかけは「楽しい」というところから始まるけど、プロになると決めたら「それだけじゃないよ」って。

「クレイジーな人間が少ない…」

――限界を超えるためにはそのような指導者が必要になってきますね。前に地域リーグのある監督とお話させて頂いた時にも出た話題ですが、その監督の言葉として印象的だったのが「昔の選手のほうが今の選手よりも気持ちが強かった。それと同時に感じるのが、今の選手のほうが上手いけど、昔のほうが個性があった…」と。

それって、日本の社会的な問題もあると思います。豊かになって、全体的に緩くなったんじゃないかと。

例えば、日本では「いじめるやつが全て悪い」、「お金を取られるやつが全て悪い」みたいな発想になりがちです。

ですが、海外では「いじめられるやつも悪い」、「お金も取られるやつも悪い」という考えがあります。

そうなれば、誰もがそうならないようにしますよね。やられてもただで終わらせないというか。

それが気持ちの強さを生んで、個性化にも繋がるんだと思います。

――その話で言えば、海外にも豊かになった国はいくつもあります。でも、彼らは闘争心などをなくしていない印象もありますが…

やっぱり、そこは国の歴史が関係するんじゃないでしょうか。

海外では自分の国を守るために他国と常に戦ってきた歴史があります。

日本もそういう時代がありましたけど、その経験値が違うんじゃないかと。

――これまで能登選手がプレーしてきた、インドネシア、タイなど、アジアの国々をみたらどうですか?

やっぱり、日本とは違いますね。

同じアジアでも全然違います。彼らも攻め込まれ続けている歴史ですからね。

――比較的、大人しそうな民俗性かと思っていましたが、それは意外です。

普段は大人しくても、スイッチが入ると目の色が変わりますね。

――そこまで考えると、サッカーだけでは変えられない部分もありですね。

「絶対におれはこうしてやる」っていう選手も少ないですよね。

子供の時からそうですけど、全員が中盤気質というか。良くも悪くも「クレイジー」が人間が少ないんです。

――たしかに、飛び抜けている選手は少ないですね。小学生の試合とか見ていて思うのは、子供の時ぐらいは我を通して欲しいなぁと。

僕がまさにその代表例でした!

CKとかも味方に合わせずに全部直接狙ってましたからね(笑)

その反面、周りからは嫌われてましたが…

――海外の子供たちでもそうなるんですかね?

いや、海外は認めさせてしまえばいいんです。すぐにヒーローになりますからね。「あいつはすげー!」って。

でも、日本の子たちはそこを目指さないんですよね。

自分がそこに行くのは難しい…メッシには憧れるけど自分はなれない…ってすぐに線引きしてしまう。

――そこを変えるのは指導者の力で可能なのでしょうか?

僕はサッカーを教える時は「技術だけではなく人間性も変えよう」と思ってやります。

そこが変われば全てが変わるし、サッカー以外でも活きてくると思っているので。

――人間性の面ですね。

そうです。

だから試合になったら自分のチームの子供たちに「おれのチームは絶対に負けないから!」と気持ちを入れるところから始まります。

試合でゴールをして喜ばない子がいたら「ナイスシュート!」、ボールを取ったら「ナイスディフェンス!」とウザいぐらいに声を掛けます。

最近は点を決めても喜ばない子供が多いんですよ。だから、無理やり喜ばします(笑)

「ハッピー人間を増やす!」

――しかし、なぜ、そのような子供が増えてくるんでしょうか。

いつの間にか、感情を表に出さないことが美徳になってるんですよね。

――感情を出して嫌われることを避けているのか…。

でも、それは後で気付けばいいと思うんですよ。

感情出した結果として、「あ、ここまでやると嫌われるんだ…」ってわかればいい。

やる前から予防線を張っては勉強できないです。

今の子供たちは、最初から「これはダメだ」って躊躇するケースが多いですよね。

――よく公園で見かける「○○をしていけません」や体育の授業での「○○は危ないので止めましょう」という話にも近いかもしれません。

公園なんかも「全てはあなたの自己責任です!」って書いちゃうぐらい思い切ったらいいんですよ(笑)

日本は何でも環境のせいだったり周りのせいにしてしまいがちです。そして、一歩前に出ない。

その考えが、日本人の成長を阻害している気がしますね。

ただ、世の中って「やってみてからわかるもの」ばかりじゃないですか。とりあえず、行ってみたら何かは得られると思うんですけどね。

そうしていかないと、日本全体が暗くなっちゃいますよ(笑)

――「リスクを怖れる」というのは、日本全体の風潮ですよね。

まぁ、僕みたいな抜けた人間だけではダメだと思いますけどね(笑)

でも、自分のキャラクターを活かして周りをハッピーにはしたいです。僕の力で日本全体を変えることはできないので、まずは自分の周りだけでも。

「ハッピーだ!」って自身を持って言える人間が少ないですからね。

僕みたいに「自分は誰よりもハッピーだ」って思っている人間が本当に少ない(笑)

――その原因はどこにあると思いますか?

色々とあると思いますが、信念や哲学を持つことは重要だと思います。

「自分はこれで生きていくんだ」っていうものだったり、「この幸せのために頑張るんだ」とか。

僕が恵まれていたのは、親が好きな仕事をやっていて、なおかつ家族みんながハッピーだったことです。

お金がなくて、ずっと鍋ばっかり食べていた時期もありましたが、それでもハッピーを感じられる家庭だったんです。

だから、「何が幸せなのか」っていうことが、自然と見えやすい環境だったんだと思います。

彼独自の視点で語る「日本の育成年代における問題点」はいかがだっただろうか。

少々表現が生々しいところもあったが、それは彼が包み隠さずに自分の思いを語ったため。なんのフィルターも通っていない”純水”である。

育成年代に携わる指導者、そして子供たちを持つ親へたちにも届けば幸いだ。

さて、今回のロングインタビューもいよいよ次回で最終回。

最終回は本人がライフワークとして取り組んでいるデザイナーとしての生き方を語ってもらった。

まだ「能登正人って何者?」と感じている方もこれを読めば、彼のことがよくわかるはずだ。

乞うご期待。

取材・構成:カレン