PSG、8選手を売れと通告されていた…監督もネイマール獲得に反対だった?

写真拡大

『El Pais』は25日、「PSGは、UEFAから8名の選手を売却するよう通告された」と報じた。

今夏ネイマールを2億2200万ユーロ(およそ292億円)で獲得し、さらにキリアン・エンバッペを来年1億8000万ユーロ(およそ236.8億円)で買うことになっているPSG。

クラブ側はファイナンシャル・フェアプレー(クラブの収入と支出のバランスを取るための規則)に抵触していないと主張している。

その一方、UEFAにはバイエルン・ミュンヘン、ユヴェントス、レアル・マドリーらから苦情が寄せられていたとのこと。

それを受けてUEFAはPSGに対して「違反なら数年間CL、ELから追放する」と通告するとともに、8選手を48時間以内にマーケットに出せと要求したという。

その内容はアンヘル・ディ・マリア、ハビエル・パストーレ、ブレーズ・マテュイディ、ルーカス・モウラ、ユリアン・ドラクスラー、アテム・ベナルファ、セルジュ・オーリエ、チアゴ・シウヴァ。

PSGはそれを受けてすぐにブレーズ・マテュイディをユヴェントスへ、そしてセルジュ・オーリエをトッテナムへと売却。それによってUEFAをなんとか納得させることができたようだ。

それらのプロジェクトに対して、PSG監督のウナイ・エメリはかなり大きな懸念を訴えているという。

数名の選手だけに頼ったプロジェクトは、離脱者が出ることを考えると非常に脆い。ネイマールだけでタイトルは獲れない、戦略を変えるべきだとクラブに警告したとも。

現在ペナルティキックの担当を巡ってチーム内での衝突が表面化しているとも言われるPSG。果たして目標であるCL優勝は可能なのだろうか…。