IAIスタジアム日本平はトイレと屋根のカバー率のいずれもが不足していると指摘を受けている

写真拡大

 Jリーグは26日、18シーズンのJ1・J2クラブライセンス判定の結果を発表した。昨年の申請で認定を受けたクラブのJ1およびJ2のクラブライセンスに変更はなかったが、FC琉球と鹿児島ユナイテッドFCが新たにJ2ライセンスを取得している。

 クラブライセンスの基準は内容に応じてA・B・Cと3つの等級に区分される。最も重要度の高いA等級は、一つでも充足していないと、ライセンスの交付が受けられないことになっている。昨年は鹿児島がこのA等級の2つの項目を充足していなかったために、J2ライセンスが認められなった。B等級はクラブライセンスは交付されるものの、制裁対象となる基準。C等級は将来的に必須となる可能性があるものと分類されている。

 毎年指摘されるB等級基準の主な項目としてホームスタジアムにおける衛生施設と観客席の屋根カバー率の項目がある。スタジアムは1000人の観客に対して少なくとも洋式トイレを5台、男子用小便器を8台設置。そして観客席の3分の1以上が屋根で覆われていないといけないというものだ。ただしトイレに関しては観客席の数を「満員」から「60%入場」を母数として判定した場合に基準を充足していれば制裁免除となる、通称「60%ルール」が適用される。

 この項目を満たしていないB等級未充足のスタジアムは昨年からほぼ横ばいの21か所だった。ただしトイレの数で指摘を受けるクラブは減少傾向にある。山形、横浜FM(日産スタジアム)、新潟、名古屋(パロマ瑞穂スタジアム)、鳥取は昨年まではトイレの数の不足を指摘されていたが、対象外(60%ルール含む)となっている。

 しかし屋根のカバー率で制裁対象となったクラブは依然多くある。昨年からクラブ数に変わりはなく、昨年指摘を受けたクラブでは、C大阪がキンチョウスタジアムを改修する計画を出していることで制裁免除となったが、新たにライセンスの交付を受けた鹿児島が屋根のカバー率で制裁対象として指摘を受けている。

 なお、新スタジアムの建設を着工、もしくは自治体の首長による新スタジアム計画の発表があれば、制裁が免除されることになっている。今年の場合は京都(京都スタジアム(仮称))と琉球(名称未定)が対象となる。

▼トイレ・屋根のいずれも不足

・ツエーゲン金沢

石川県西部緑地公園陸上競技場

・清水エスパルス

IAIスタジアム日本平

・ファジアーノ岡山

シティライトスタジアム

・サンフレッチェ広島

エディオンスタジアム広島

・カマタマーレ讃岐

Pikaraスタジアム

▼屋根のカバー率のみ不足

・モンテディオ山形

NDソフトスタジアム山形

・栃木SC

栃木グリーンスタジアム

・ザスパクサツ群馬

正田醤油スタジアム群馬

・大宮アルディージャ

NACK5スタジアム大宮

・柏レイソル

日立柏サッカー場

・FC町田ゼルビア

町田市陸上競技場

・横浜FC

ニッパツ三ツ沢球技場

・湘南ベルマーレ

Shonan BMW スタジアム

・ヴァンフォーレ甲府

山梨中銀スタジアム

・松本山雅FC

松本平広域公園総合球技場

・カターレ富山

富山市総合運動公園陸上競技場

・ジュビロ磐田

ヤマハスタジアム

・名古屋グランパス

パロマ瑞穂スタジアム

・ガイナーレ鳥取

とりぎんバードスタジアム

・愛媛FC

ニンジニアスタジアム

・鹿児島ユナイテッドFC

鹿児島県立鴨池陸上競技場

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ