レアルのジダン監督、攻撃陣補強を画策? PSGのドラクスラーに関心か

写真拡大

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、パリ・サンジェルマンに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの獲得に関心を示しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が25日に報じている。

 今回の報道によると、ジダン監督がドラクスラーの獲得に関心を示しているという。今シーズンのリーガ・エスパニョーラ開幕6試合を終えて3勝2分け1敗とスタートダッシュに失敗したチームにあって、攻撃陣のオプションを加えたいと同監督は考えているようだ。

 今夏の移籍市場でバルセロナやインテル、アーセナル、リヴァプール、マンチェスター・Uといった各国のビッグクラブから熱視線を送られていると報じられていたドラクスラー。パリ・サンジェルマンに残留して迎えた今シーズン、リーグ・アンでは開幕7試合を終えて5試合に出場している。第4節までは先発出場の機会がなかったが、第5節からの3試合は先発メンバーに名を連ねた。

 大型補強を敢行したパリ・サンジェルマンにあって、出場機会を掴んでいるドラクスラー。果たして、来年1月の移籍市場でレアル・マドリードへの移籍を決断することはあるだろうか。