「USB2 ポート付きスクウス PC バックパック」(写真: サンコーの発表資料より)

写真拡大

 サンコーは25日、背負ったままUSB充電できるPCバックパック(BKPKUSB2)を発売した。膨らまないスマートなスクエア型で、15.6インチのノートパソコンを収納可能だ。側面にUSBポートを2つ搭載しているため、バッグを開けずに同時充電できる。価格は4,980円(税込)。

■側面に2基のUSBポート搭載 開けずに充電

 バックパックの側面(右側)には、2基のフタ付きUSBポートを装備。モバイルバッテリーと1〜2台の端末の間を、バックパックがつなぐかたちだ。これで、モバイルバッテリーを取り出し、端末と一緒に持ち歩く必要がなくなる。電池の消耗が激しいルート案内も、気軽に利用できる。

 バックパックを開くとmicroUSB入力ポートがあるので、手持ちのモバイルバッテリーとUSBケーブルを接続する。接続が完了したときはランプが点灯するため、モバイルバッテリーは内面のポケットにしまっていい。充電ケーブルを側面のUSBポートと端末に接続すれば、充電が始まる。充電ケーブルを使わないときは、ショルダーベルトにあるファスナーポケットに収納可能。

■15.6インチのノートパソコンを収納可能 ポケット数は計9つ

 バックパックにはノートパソコンやタブレット、システム手帳、折り畳み傘など仕事の必需品をしっかり収納できる。ゴムバンドで固定すれば、デバイスを安全に持ち運べる。

 それだけ多く荷物を入れても膨らまないため、スマートなデザインを保つことができる。グレーを基調としたスクエア型なので、通学・通勤時も違和感を感じさせない。持ち手にはカバーを採用することで、疲れにくくなっている。

 容量は約18リットルで、ポケットは合計9つ搭載。バックパックの内側に5つ、外側に3つ、さらにショルダーベルトに1つだ。サイズは幅290×奥行130×高さ400mmで、重量は空の状態だと790g。防水仕様ではないが、ポリエステル素材のおかげで耐久性にも優れている。