高雄LRT第1期区間全線開業  哈瑪星駅でセレモニー/台湾

写真拡大 (全2枚)

(台北 26日 中央社)高雄ライトレール(軽軌、LRT)の第1期区間(籬仔内−哈瑪星間8.7キロ)が26日、全線開業した。哈瑪星駅でセレモニーが行われ、陳菊市長は、LRTは高雄の特色だと自信を見せた。

高雄LRTは台湾初のライトレール。第2期区間は哈瑪星−車両基地(機廠)間の13.4キロで、今年2月に起工し、2019年の工事完了を予定している。完成すれば高雄市中心部を結ぶ全線22.1キロの環状線となる。

10月までは乗車無料。11月から運賃を徴収する。

(王淑芬/編集:名切千絵)