元ブラジル代表のロナウジーニョ【写真:Getty Images】

写真拡大

インドでフットサル参戦中の元ブラジル代表10番に絶賛の嵐「怪物であり、永遠のアイドル」

 サッカー元ブラジル代表MFロナウジーニョがフットサルに舞台を移し、驚愕のプレーで話題を呼んでいる。インドのフットサルリーグに参戦中のテクニシャンは、往年と変わらないオーバーヘッド、股抜き、ノールックなどを試合で連発し、ゴールを量産。ロナウジーニョが自身のSNSでスーパープレーの数々を動画付きで紹介すると、海外メディアもこぞって賛辞を送っている。

 戦場が変わっても、カナリア軍団の背番号10を着けた男の技術はさび付いていなかった。

 現在、インドのフットサルリーグに特別待遇で参戦中。37歳となったが、自身の公式インスタグラムで公開した動画では背番号10を着け、驚愕のプレーの数々を公開している。

 浮き球を胸トラップし、豪快にオーバーヘッドを炸裂させるシーンからスタート。まるで足元に吸い付いているかのようなボールさばきから、相手をあざ笑うかのようにノールックパスを炸裂させた。異次元のプレーに相手の激しいタックルで倒されるシーンもあるが、公開した12のプレーではフィールドがフットサルコートに変わっても、輝きはまったく褪せていなかった。

 スペイン紙「マルカ」は「ロナウジーニョがインドで相変わらずのショーを披露。股抜き、ノールックで一網打尽」、英紙「デイリー・メール」は「ロナウジーニョがたった一人で信じられないゴールを量産、ブラジルのレジェンドはインドのフットサルリーグでも輝きを放ち続けている」と見出しを打って報じるなど、世界で反響を呼んでいる。

 その興奮は動画を見たファンも同様だ。一様に驚嘆のコメントを続々と投げかけている。

「世界最高のエンターテイナー」「ペレを超えるブラジル人史上最高」

「ベスト・オブ・ベスト」

「世界最高のエンターテイナー」

「究極の存在」

「ロナウジーニョはペレを超えるブラジル人史上最高の選手。アルゼンチンからすら尊敬の念を抱かれている。彼は世界共通のボールの曲芸師だ」

「怪物であり、永遠のアイドル」

「魔術師は健在」

「世界最高の選手は確定的」

 このように絶賛の嵐となっていた。かつては02年のワールドカップ日韓大会でロナウド、リバウドと「3R」を形成して優勝。バルセロナで黄金期を築き、15年に母国ブラジルのフルミネンセを退団した後は無所属となっている。

 しかし、世界のファンを魅了できる魔法のような技術は未だ解けない。