【ソウル聯合ニュース】日本の麻生太郎副首相が23日の講演で、朝鮮半島有事により大量の難民が日本に押し寄せる可能性に備え対策を講じる必要があるなどと述べたことについて、韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は26日の論評で、「政府は日本政府の責任ある閣僚が先ごろ、仮定した状況を前提に北の難民に関する偏狭な発言をしたことは国粋主義的な認識を土台にしたものであり、難民保護に関する国際規範にも外れるもので、非常に遺憾であると考える」と述べた。 

 また「最近の朝鮮半島情勢と関連して不必要な誤解を引き起こし、朝鮮半島の平和と安全に否定的な影響を及ぼしかねない言動は自制するよう厳しく求める」と強調した。

 麻生氏は講演で、北朝鮮で非常事態が発生すれば10万人単位の難民が日本に押し寄せる可能性があると指摘。また難民が武装していた場合は警察で対応するのか、自衛隊が出動するのか、射殺するのか、真剣に考えたほうがいいなどと発言した。