デートをしてて「すごく好き!」という気持ちはあるものの、エッチをするタイミングって悩みますよね? あまり早くカラダを許すと、軽蔑されてしまうかも……なんて不安も頭をよぎります。そのへん、男はどう考えているのでしょう。今回は、軽い女だと思われないためには、何回目のデートでカラダの関係になるべきかを、調査してみました!

文・塚田牧夫

「最初からでも軽いなんて思わない」

「お互いに好きなら、一回目のデートでエッチしてもいいと思う。軽い女だなんて思わないな。

だって付き合うのに、カラダの相性って大事じゃないですか? 何回もデートして、やっとエッチしたら全然合わなかったってなったら、時間の無駄でしょう」ユウマ(仮名)/27歳

確かに、付き合う上でカラダの相性は重要。これからの関係をどうするかの、大きな判断基準になるものです。納得できる意見ですが、どうかご注意を。

こういう話で相手を丸め込んで、エッチしようとする男も多い。だから「ヤッてみなきゃ分かんないじゃん」という輩にはご用心。「やっぱ合わないわ。ごめん」で終わる可能性大なのです。

「キリがいい三回目のデートで」

「さすがに一回目は早すぎる。軽いな〜と思っちゃうかもしれないですね。キリがいいので三回目で。

具体的に言えと、一回目で手を繋ぐ。二回目で、キス。三回目でエッチ。がベストじゃないでしょうか?」ワタル(仮名)/29歳

薄っぺらい意見にも聞こえますが、案外多いのがこの答え。三回目のデートで。段階を踏んで、ステップアップしていきたいみたいです。

中には、「何回目だろうと、最初は拒んで欲しい」という意見もありました。一回拒まれることで、「この子は軽い子じゃない」という認識を持つそうです。

「付き合っているかどうかが大事」

「付き合っていないのにエッチするのは軽いんじゃない? 俺も、付き合ってないうちにエッチしたことあるけど、そういう子とはその後でも付き合わない。

付き合っていないうちにエッチしちゃう子は、そういうのを繰り返しているのかも……と思っちゃうな」ユウジ(仮名)/29歳

恋人関係が成立しているのであれば、何回目のデートでも構わないということですね。

男は、達成感を感じると急激に冷めます。男にとってエッチというのは大きな目標であるため、それをクリアしてしまうと、「もういいかな……」という感情も湧いてしまう。

付き合わなくてもエッチできる関係を望んでしまうところもある。これが俗にいう“都合のいい関係”というやつです。

以上が、軽い女と思われないためのカラダの関係になるタイミングでした。

これ以外にも、「デート五回以上」という意見もありましたが、あまり回数を重ねすぎると、今度はかえって「俺のこと好きじゃないんじゃないか……」という考えに至ってしまうようです。

タイミングは難しい。たとえ軽い女だと思われても、都合のいい女にだけはならないよう気を付けてください。

(C) Eviled / Shutterstock(C) Olena Yakobchuk / Shutterstock(C) conrado / Shutterstock