マンCのアグエロ photo/Getty Images

写真拡大

トッテナムのハリー・ケイン、チェルシーのアルバロ・モラタ、マンチェスター・ユナイテッドのロメル・ルカクと、現在プレミアリーグ制覇を狙うクラブには優れた点取り屋がいる。しかし、元アーセナルFWティエリ・アンリ氏にとってプレミアリーグでワールドクラスと呼べるFWはただ1人だけだという。それはマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロだ。

英『sky SPORTS』によると、アンリ氏はアグエロがケインやルカクより上のレベルにいる理由として、プレミアリーグで長く活躍していることを挙げている。アグエロはマンCにプレミア初制覇をもたらした選手でもあり、経験の面ではルカクやモラタを大きく上回っている。

「ワールドクラスなのはアグエロただ1人だ。なぜなら彼はこのリーグで長く活躍してきた。毎年毎年ね。彼はリーグ戦も制覇した。称賛されなければならないよ。ルカクはユナイテッドに加入したばかりだし、チャンピオンズリーグではプレイしたことがなかった。ケインも昨季チャンピオンズリーグで長くプレイできなかった。ヨーロッパリーグ、EURO2016も同じだ。モラタはマドリーでベンチの時もあった。ユーヴェでは良いシーズンを過ごしたが、ジョレンテとテベスもいたからね」

ビッグクラブで自身の価値を証明しようとしているルカク、エースとしてチームを引っ張るのは初めてとも言えるモラタ、国際舞台で活躍出来ていないケインと比較すると、アグエロの方が上のレベルにいると言えるのかもしれない。