『TOKYO数寄フェス2017』ビジュアル

写真拡大

アートイベント『TOKYO数寄フェス2017』が11月10日から東京・上野で開催される。

【もっと大きな画像を見る】

上野恩賜公園エリア周辺の博物館、美術館、美術大学などが連携する組織・上野「文化の杜」が主催の『TOKYO数寄フェス』。岡倉天心の「数寄」という言葉を軸にアート作品の展示や、トークイベント、ワークショップ、コンサートなどを展開する。今回のディレクターを務めるのは住友文彦。

会期中には、日比野克彦+海部陽介、鈴木太朗、橋本和幸、大巻伸嗣らによるインスタレーションや、東京藝術大学の学園祭で学生が制作した神輿の優秀作などを展示。詳細は『TOKYO数寄フェス2017』のオフィシャルサイトで確認しよう。