4歳でランウェイデビュー、6歳で雑誌の表紙を飾るなど、"世界一美しい少女"として話題になったフランス人モデルのティラーヌ・ブロンドー(16)。デビューから12年の年月を経て、ミラノで開催された「ドルチェ&ガッバーナ」のランウェイに登場したことで再び話題に。 

元プロサッカー選手のパトリック・ブロンドーと女優・デザイナーのヴェロニカ・ルブリを両親に持つ彼女が、モデル業をはじめたのは4歳の頃。4歳にして「ジャン=ポール・ゴルチエ」のファッションショーに出演し、初めてのランウェイを披露した。

#babyMe #age4 # JEAN PAUL GAULTIER FASHION CATWALK #2005 #😂 #dontEvenRemember

A post shared by Thylane (@thylaneblondeau) on

4歳のときの私。覚えてないけど

<E! NEWS誌>によれば、6歳の頃には彼女が「VOGUE enfants」の表紙を飾り、幼くしてランウェイやファッション誌で活躍してきたことから 世界一美しい少女と話題の存在になったのだそう。

#throwback #vogue kids cover 6 years old ✌️

A post shared by Thylane (@thylaneblondeau) on

TB..in st Tropez when i was 6 Mood #lovemyvillage

A post shared by Thylane (@thylaneblondeau) on

6歳のころの私。

また、2011年になると10歳になったティラーヌは「VOGUE PARIS」にハイヒールを履き、ボディラインが出るファッションとメイクをした姿で登場。フランス国内外で話題になるものの、この若さで大人びた姿にされたことは批判の対象に。その結果2013年には、フランスで16歳以下のミスコンを禁止する条例までできたのだとか。

📸📸 u can check my look !!! Available on amazon.fr link in bio!

A post shared by Thylane (@thylaneblondeau) on

また、その当時同じく若い頃から活躍していたケイト・モスとも比較され、苦労した経験もあり、当時のことをこのように振り返っている。

ケイトがモデル業をはじめたのは15歳の頃。私は、もっと幼いころから経験を積んできているわ。エージェンシーといつも大切にしてくれる人に恵まれていれば、それで完璧でしょ。

4歳でモデルデビューして12年。インスタグラムには160万ものフォロワーがおり、モデルの活動に加え「ロレアル」アンバサダーとしても活躍している。これから目が離せないモデル・インフルエンサーの1人になりそう!