横浜FM齋藤、全治8カ月に無念の思いも… W杯や海外移籍の目標を「諦めずに追いたい」

写真拡大

クラブから右膝前十字靱帯損傷と発表後、自身の公式ツイッターを更新

 横浜F・マリノスの元日本代表MF齋藤学は26日、自身の公式ツイッターを更新。

 右膝前十字靱帯損傷で全治8カ月と診断されたことへの無念の思いと、目標に向かって歩みを進めていく決意を明かした。

 齋藤は23日のJ1第27節ヴァンフォーレ甲府戦に先発し、後半19分に膝を負傷。一度はピッチに戻ったものの、同27分にMFイッペイ・シノヅカとの途中交代を余儀なくされた。そして翌24日に横浜市内の病院で検査。クラブの公式発表によれば、右膝前十字靱帯損傷で全治8カ月の見込みだという。

 27歳の齋藤は今季、移籍した元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)から背番号10を受け継ぎ、キャプテンとしてチームをけん引。リーグ戦5位につけるチームのなかで、攻撃のアクセント役として存在感を放ち、第26節の柏レイソル戦では待望の今季初ゴールを決めるなど、上昇ムードのなかでの長期離脱となった。


 
 それだけに、ツイッターでの書き出しでも「怪我しました。多くの人の期待を裏切る事と共に、自分自身の目標だったことが遠のいていく辛さ」(以下すべて原文ママ)と、無念の思いを打ち明けていたが、「でも、ロシアのW杯もマリノスの優勝も、海外でのプレーも諦めずに追いたいと思います。俺は元気に前をみて進んでます。なので、残りの試合マリノスへこれまで以上の声援をお願いします」と自身の目標をあきらめないこと、そして横浜FMサポーターに向けて力強いメッセージを記していた。

チームメイトや同期もSNSでエール

 齋藤の長期離脱の一報を受けて、チームメイトや下部組織時代からの同期もSNS上でエールを送っている。

 4歳年下で、横浜FMアタッカー陣で控えの立場となっているMF前田直輝は、「今やらないでいつやる。いつも背中追いかけてばっか。これからはそれはもうダメ。必ずパワーアップして帰ってくる学くんにポジション無いぐらい成長してやる」と、自らの奮起を促すように主将の帰還を願う言葉をツイッターで発信した。

 また横浜FMジュニアユース時代からの同期で、現在はJ2湘南ベルマーレに所属するFW端戸仁も、ツイッターで「学なら強くなって帰ってくるでしょう!違うチームにいるけど結果は常に気にしてたしすごく残念だけどまた復帰してキレキレのドリブルを見せてくれることにみんなで期待」とエールを送っている。

 今季絶望、さらに来年のロシア・ワールドカップ出場も厳しい状況となったものの、日本屈指のドリブラーが重傷を乗り越え、さらなる進化を遂げて帰還することを多くの仲間やファンが願っている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images