日本で百五十余年の歴史を持つ宇治茶専門店「「祇園辻利」」とミスタードーナツの両社が共同開発するのは「抹茶スイーツプレミアム」以来で、2017年9月22日からの期間限定商品となっており、秋の残暑で暑い日はフワフワな氷で作った「コットンスノーカフェ 抹茶」、体を冷やす木枯らしの寒い日には体を暖める暖かい飲み物「ホット抹茶オレ 豆乳ホイップ」となっています。公式ページにて「抹茶がもっと好きになる。」と豪語されており、本当に抹茶がもっと好きになるのかどうか、実際に飲んでみました。

misdo meets 祇園辻利 ホット抹茶オレ 豆乳ホイップ、コットンスノーカフェ 抹茶|新商品|ミスタードーナツ

https://www.misterdonut.jp/m_menu/new/170922_002/

ミスタードーナツに到着。



カウンター上のメニューには「抹茶を もっと 好きになる。」のフレーズが。



さっそく、「ホット抹茶オレ 豆乳ホイップ」と「コットンスノーカフェ 抹茶」を注文しました。



まずは、鮮やかな緑の「宇治の一番摘み抹茶」と白い「コットンスノーキャンディ」がのっている「コットンスノーカフェ 抹茶」(税込み518円)から食べてみます。上には目をひく「ドーナツラスク」がトッピングされています。



コットンスノーの白、抹茶の緑、そしてあんこの黒が見えます。



コットンスノーの薄く削られた氷を口に入れると、フワフワを感じた後、氷がスーッと溶けていきます。ミルクの濃厚な甘さを抹茶のほのかな苦みが引き立てます。濃厚な甘さですが、口の中ですぐに溶けるので、サッパリとした味わいです。



あんこと一緒に食べると、サラッと溶ける濃厚な甘さのコットンスノーキャンディと、落ち着いた甘さでトロッと溶ける粒あんこの組み合わせによる、甘さの違いと溶け方の時間差を楽しめます。



下からすくって食べると、コットンスノーキャンディーに抹茶が合わさり、抹茶の味がより味わえます。



次に、トッピングで目を引いていたドーナツラスクを食べてみます。



裏返すと粒が小さい砂糖がたっぷり付いています。



大きさは男性の手のひらぐらいあり、ドーナツラスクのみで食べるとコットンスノーキャンディで冷えた口をリセットできます。



ラスクにコットンスノーをのせて食べると、コットンスノーの濃厚な甘さとあんこのしっかりした甘さに、サクサクとしたドーナツラスクの食感と香ばしさが加わり、相性がピッタリ。



最後は、温かい「ホット抹茶オレ 豆乳ホイップ」(税込み356円)を飲んでみます。飲む前から抹茶の香りが漂います。



上には「豆乳ホイップ」がのっていますが、「ホット抹茶オレ 豆乳ホイップ」の温かさで数分で溶けてしまうので、見た目はカプチーノに近い印象を持ちました。



中に入れるとスプーンが見えなくなるほどなので、濃厚さがうかがえます。



飲んでみると「豆乳ホイップ」のクリーミーな味を感じ、温かさとともに、存在感のある抹茶の香りと味が広がります。抹茶の香りと味は、クリーミーな「豆乳ホイップ」に勝っており、伝統の「石臼挽き製法」で仕上げた抹茶のすごさを感じました。



底には小豆があり、スプーンですくって食べると、抹茶の味と小豆のつぶつぶした食感を楽しめます。

関連記事

世界で2番目に飲まれている飲み物「お茶」の歴史がわかるムービー - GIGAZINE

抹茶をご飯にぶっかけたような真緑の「宇治抹茶カレー」を食べてみた - GIGAZINE

世界中の多種多様な「健康ドリンク」を飲んだ反応はこんな感じ - GIGAZINE

緑茶に含まれるカテキンは緑内障などの眼病予防にも効果的 - GIGAZINE

コカ・コーラのプレミアム緑茶「綾鷹」は期待しすぎるとダメ - GIGAZINE