画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●勢い増すサブブランド

「iPhone 8」の発売日となった9月22日の朝には、国内大手3キャリアが発売イベントを開催。上位機種「iPhone X」の発売を11月に控え、ファンの間では様子見ムードも漂う中、少しでも盛り上げようと各キャリアが気勢を上げた。

だが週明けの9月25日には、ワイモバイルとUQモバイルが相次いで「iPhone 6s」を10月に発売することを発表。2年前の型落ち機種が、iPhone商戦で台風の目になる可能性がある。

○格安スマホでシェア3割のワイモバイル

スマホ市場におけるワイモバイルとUQモバイルの存在について、簡単に振り返ってみよう。ワイモバイルはソフトバンクが運営する別ブランドで、UQモバイルはKDDIグループのUQコミュニケーションズが展開するMVNO事業だ。立ち位置は異なるものの、いずれも大手キャリア系列のサブブランドと位置付けられることが多い。

ワイモバイルは人気が高く、MMD研究所による2017年3月の調査ではサブブランドとMVNOを合算した格安スマホ市場で3割のシェアを占める。特徴は、料金が安いにも関わらず、全国に約1000店舗を展開するなど大手キャリアに匹敵するサービスを受けられることだ。

その背中を追うUQモバイルも、店舗数は2017年8月に100店に到達。ワイモバイル同様、積極的なテレビCMを展開するなど猛追する。さらに、他の格安スマホ事業者と大きく異なるのがiPhoneを取り扱うという点だ。

他の事業者でも整備品のiPhoneを海外から仕入れるなど独自の動きはあるものの、日本でiPhoneを販売するキャリアは大手3キャリアとワイモバイル、そしてUQモバイルにほぼ限られている。

サブブランドが取り扱うiPhoneは、毎月の料金を節約しながらiPhoneを持ちたい人にとって魅力的な存在だ。さらに最近では、子どものスマホデビューに買い与えたところ、大人でも十分に使えることが分かり、家族まるごとサブブランドに移行する動きが大手キャリアを脅かしている。

●iPhone 6sに魅力あり

○型落ちだが見劣りしないiPhone 6s

こうして「庶民の味方」として人気を博してきたサブブランドのiPhoneだが、ひとつ弱点があった。それは、取り扱いモデルが「iPhone 5s」か「iPhone SE」という4インチの小型画面モデルしかなかったことだ。

4インチのiPhoneは片手で使いやすく根強い人気があるものの、一般に売れ筋なのは4.7インチのiPhoneだ。画面が小さいことを理由にサブブランドを敬遠していた人も少なくないだろう。

これに対して今回発表された「iPhone 6s」は、サブブランドとして初めての4.7インチモデルになる。価格はiPhone SEよりは高いものの、月額割引により端末代を含めて毎月4000円強でiPhone 6sを持てる計算になり、インパクトは大きい。

ただ、iPhone 6sの発売は2015年9月で2年の型落ちになる。果たして大丈夫なのだろうか。たしかに最新のiPhoneではプロセッサーの性能や画面の見やすさ、カメラ性能が大きく向上した。Suicaなどが使える「FeliCa」も、iPhone 7以降の機能になる。

また、かつてのiPhoneではiOSを最新版にアップデートすると途端に動作が重くなり、性能的な限界を感じることも多かった。だがiPhone 6sは基本性能も高く、最新の「iOS 11」を入れても操作感は大きく変わらない。手に取ってみると、まだまだ現役で使えると感じる人が多いはずだ。

外観という点で、iPhone 6sのデザインは7や8と基本的に変わっておらず、見劣りするところはない。8では背面がガラスに変わったものの、正面から見れば見分けがつかないほどだ。

さらにiPhone 6sは、7から廃止された3.5mmのイヤホンジャックを備えており、従来のヘッドフォンをそのまま使えるというメリットもある。買い換えがいらず経済的で、変換アダプターを使う不便さもない。

常に最新のスマホ体験を求める人にとって、iPhone 8を買うか、それともXを待つべきかは悩ましい選択肢だ。だが、毎月の料金を抑えたい人にとって、サブブランドが発売するiPhone 6sはこの秋もっとも魅力的なiPhoneになりそうだ。