展示作品(光州デザインセンター提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【光州聯合ニュース】韓国南西部の光州市で7日開幕した「光州デザインビエンナーレ」の張東薫(チャン・ドンフン)総監督は同イベントで必ず見るべき11の展示を推薦した。

 今回のビエンナーレは第4次産業革命を見据え、未来デザインの価値を提示するもので、「FUTURES」(未来)をテーマに四つの本展示と三つの特別展、開幕シンポジウム、国際学術大会、ビジネスプログラム、特別プロジェクト、イベントなど多彩なプログラムで構成されている。

 7回目となった今年は、英国、イタリア、フランス、米国、中国、ベトナムなど34カ国からデザイナーなど528人、318社の企業が参加し、1268点の作品を披露した。

 張総監督はこの中から技術・概念・展示効果が優れた作品として、「やぎ人間」「ジェリーフィッシュ」「フューチャーホーム」など11点を推薦した。

 張総監督は「未来デザインは人工知能(AI)やオートメーションに取って代わるものではない創造力と共感能力、人間中心の思考に注目し、意味やストーリーを通じて新しい価値を創り出さなければならない」とし、「来場者が楽しく観覧して体験し、未来を洞察する機会になってほしい」と話した。

 展示は来月23日まで。