横浜F・マリノスの齋藤学【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 横浜F・マリノスに所属するMF齋藤学は、右膝前十字じん帯損傷により8ヶ月の長期離脱を強いられる見通しとなった。クラブからの発表に続いて、齋藤本人がツイッターで思いを綴った。

 齋藤は23日に行われたJ1第27節のヴァンフォーレ甲府戦で負傷し、後半途中で交代していた。26日にクラブから行われた発表によれば、右膝前十字じん帯損傷により全治8ヶ月が見込まれるとのことだ。

 齋藤は自身のツイッターアカウントで、「怪我しました」と報告。「多くの人の期待を裏切る事と共に、自分自身の目標だったことが遠のいていく辛さ」と続けた。

 それでも、「ロシアのW杯もマリノスの優勝も、海外でのプレーも諦めずに追いたいと思います。俺は元気に前をみて進んでます」と述べ、夢を捨てることなく前進を続けていく姿勢を示した。

 今季から横浜FMの背番号「10」を託され、キャプテンにも就任していた齋藤だが、今シーズンの残り期間の出場は絶望的。来季序盤戦にも影響することが見込まれ、夏に開催されるロシアW杯の出場も困難となることが予想されるが、齋藤自身に諦めるつもりはない。

text by 編集部