「続きが気になる」と話題の漫画 ついに、捨てた我が子と対面し?

写真拡大 (全9枚)

橋の下に置き去りにされた赤ちゃんと2人の女子高生を描いた、漫画家の反転シャロウ(@sharoh_hanten)さんの漫画『JKと捨て子の赤ちゃん』。

少しシリアスでありながら心温まるストーリーで人気を博し、「続きが気になる」と、大きな反響を呼んでいます。

JKと捨て子の赤ちゃん

生まれたばかりの我が子を捨てた若葉と、彼女の子どもを保護した桃子。

1人の赤ちゃんを巡って、徐々に関わりをもっていく2人の女子高生の行く末はいかに…。

すれ違う2人

若葉が赤ちゃんの母親であることを知らない、桃子。しかし若葉は、桃子が我が子を保護していることに気付いている様子です。

前回の話で、偶然街中で出会い、2人はそのまま赤ちゃんがいる桃子の自宅へと向かいます。そして…。

「もしも我が子に会ってしまったら…」と、内心気が気じゃない若葉。そそくさと、桃子の自宅を後にしようとした矢先のことでした!

明かされる赤ちゃんの名前

一刻も早く立ち去ろうとする若葉でしたが、桃子の口から出た赤ちゃんの名前を聞き、一瞬足を止めます。

『春』のように明るい人生を送ってほしいから『ハル』

桃子がとっさに口にした赤ちゃんの名前…それは、若葉が考えていた名前と同じだったのです。

若葉が去り際につぶやいたひと言は、嬉しさを感じさせる反面、憂いを帯びているようにも感じさせます。

なぜ若葉は我が子を捨てなければいけなかったのか、そして、いつか自分が母親と名乗れる日が来るのでしょうか…今後の3人の関係性から目が離せません。

この作品を描いた反転シャロウさんは、『犬神くんはツンだけどバレてる』などの作品も描いています。

ガンガンONLINEでは第1話の試し読みができるので、気になる人はぜひご覧になってください。

[文・構成/grape編集部]