元バルセロナDFマテュー、“友達”はいなかった?その意味とは

写真拡大


今夏バルセロナを離れ、スポルティング・リスボンへ移籍したフランス人DFジェレミ・マテュー。

ミッドウィークには、UEFAチャンピオンズリーグで古巣と対戦する。

それに向けて、『Marca』がロングインタビューを敢行。そのなかで、バルサについてこう述べた。

ジェレミ・マテュー(スポルティングDF)

「(バルセロナで多くの友人を作った?)

友人とは呼べないかもね。仲間たちだ。

彼らのような選手たちとロッカールームを共有できたのは、自分にとって驚くべきことだったよ。

クラブについては、友人というよりも同僚として語りたい。友人というのは、とても大きな意味を持つ言葉さ」