ウルトラマンが、エヴァンゲリオンが、ゴジラが来襲する都市から生き延びろ!――「巨影都市」

写真拡大 (全6枚)

バンダイナムコエンターテインメントは、「東京ゲームショウ2017」の同社ブースにて10月19日に発売されるPlayStation 4ソフト「巨影都市」のステージイベントを開催した。

イベントには女性主人公役を務める明坂聡美さんと、お笑い芸人のパンサーの3人が登場。本作のプロデューサーを務めた同社の塚中健介氏と、開発元であるグランゼーラのゲームディレクター兼ゲームデザイナーの九条一馬氏が登壇した。

本作は来襲する巨人たちから何とか逃げてサバイバルするというゲーム。ウルトラマンやエヴァンゲリオン、ゴジラといったヒーローや怪獣がリアルサイズで登場するので、その迫力はなかなかのもの。踏まれないように逃げたり、壊された町のがれきを縫いながら進んでいくことになる。

本作は構想8年というプロジェクトだそうで、明坂さんもオーディションを受けたのは2、3年前だそうだ。そこからようやく発売にまでこぎ着けた。

多くの怪獣やヒーローたちが登場する本作は、30代以降の特撮ファンなら絶対に満足できるソフトのはず。ぜひ予約して購入してみてはいかがだろうか。プロモーション映像もYouTubeに公開されているので参考にしてほしい。





■巨影都市

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・「CMイメージキャスト選抜総選挙」で咲坂柚衣さんが1位に――レジーナエンタテインメント・グリーゲームスブースイベント
・「東京ゲームショウ2017」が開幕
・「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」2017年10月14日(土)より新価格4万4,980円で発売
・CyberZ、10〜60代1,200名に「eスポーツ」ユーザー認知調査を実施
・LINEアプリ内の「ニュースタブ」を刷新。天気や占い、鉄道の運行情報などを新設