A・サンドロ、ユーヴェと契約延長交渉を開始…今季は4試合に出場

写真拡大

 ユヴェントスに所属しているブラジル代表DFアレックス・サンドロが、同クラブと契約延長の交渉を始めたようだ。26日付のイギリスメディア『デイリースター』が伝えている。

 ユヴェントスで好パフォーマンスを披露しているA・サンドロには、今夏チェルシーが獲得に関心を寄せていた。同選手獲得に6000万ポンド(約85億円)を準備し、オファーを提示していたものの、ユヴェントスが拒否したことで移籍は成立しなかった。

 さらに、チェルシー以外にもマンチェスター・Cが関心を示していることが明らかになっている。しかし、ユヴェントス側には売却する意思はなく、それを防ぐためにA・サンドロと契約の延長を行おうとしている。同選手もユヴェントス退団の意思はなく、契約延長の交渉は始まったようだ。

 ユヴェントスは新契約として、年棒440万ポンド(約6億6000万円)で2022年6月までのオファーを提示した模様。これが成立すると、チェルシーやマンチェスター・Cからの関心は無くなるものと考えられている。

 A・サンドロは、今シーズンセリエAでは4試合に出場。1ゴール1アシストを記録するなど中心選手として活躍している。