「ファンタスティックな選手」アーセナルMFラムジーがラカゼットを称賛

写真拡大

 25日に行われたプレミアリーグ第6節でアーセナルはウェスト・ブロムウィッチと対戦し、2−0の勝利を収めた。同試合でフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットは2ゴールをマークする活躍を披露していた。同日付のイギリス紙『デイリーエクスプレス』が報じている。

 今夏リヨンからアーセナルに移籍したラカゼットは、今回のウェスト・ブロムウィッチ戦を含めて、アーセナルがリーグ戦で勝利を飾った3試合全てで得点を決めており、現在通算4ゴール。またアーセナルの新加入選手がホームでデビューから3試合連続ゴールを決めたのは1988年のブライアン・マーウッド氏以来であり、早くもイングランドの環境に適応している。

 同僚のウェールズ代表MFアーロン・ラムジーはラカゼットのさらなる飛躍を確信しているようだ。まずラカゼットについて「彼は素晴らしいスタートを切った」と語ると、「彼はファンタスティックな選手だし、彼と一緒にプレーできて幸せだ」と言及。ラカゼットを称賛した。

 そして「我々は、ウェスト・ブロムウィッチについてよく知っていた。彼らは非常に組織化されているとね。しかし、それ以上に我々の新戦力(ラカゼット)が素晴らしい夜だった」と付け加え、同選手を誉めちぎった。

 アーセナルは10月1日にホームでブライトンと対戦する。