3-4-2-1など複数のシステムを併用している甲府。土曜日の横浜戦では横浜との撃ち合いを3−2で制した。写真:徳原隆元

写真拡大 (全4枚)

 今回はフォーメーションについて書いてみようと思います。
 
 11人をフィールド全体にどのように配置して試合をするか。それを考えて組み立てるのがフォーメーションです。攻め方、守り方に大きく影響するものだと思います。
 
 フォーメーションは、その時代に応じて毎年のように変化していっています。あと、国やクラブによっては、年々変化していくフォーメーションの中でも不変な基準として用いられている場合もあります。オランダやスペイン、そしてクラブでは、鹿島アントラーズやレアル・マドリーなどです。
 
 そんな中で今回、ひとつのフォーメーションを中心に考えてみます。あくまで個人的な見解で、上手く説明し切れていない部分があるかもしれませんし、最新情報がアップデートされていない場合があるかもしれません。ご了承ください。
 
 現在Jリーグでは、「3-4-2-1」のフォーメーションを使っているチームが多く見受けられます。例えばJ1だと、ヴァンフォーレ甲府、(浦和レッズ、サンフレッチェ広島)。J2だと一気に増えて、大分トリニータ、ロアッソ熊本、V・ファーレン長崎、アビスパ福岡、愛媛FC、徳島ヴォルティス、ファジアーノ岡山、松本山雅、ザスパクサツ群馬、モンテディオ山形。ほかの形と併用しているクラブとしては、セレッソ大阪、ガンバ大阪、東京ヴェルディも活用しています。
 
 以前使用していたチームとしては、広島と浦和になりますね。なので、カッコ付けで表現させていただきました。
 
 J1にはあんまり多くないですが、一時期の結果として考えると、広島がリーグ連覇した際のフォーメーションであり、また、浦和の強さが際立つ時期もありました。
 なぜこのフォーメーションがJリーグで多く採用されているのか、重宝されているのか。理由は大きく分けて3つあると思います。
 
 まずはひとつ目。Jリーグでこのフォーメーションが流行ったのは、先述の広島と浦和の2クラブによるところが大きいと考えています。
 
 広島は、結果的にJ2に降格する年(2007年)からこのフォーメーションを採用していました。採用した当初は、自陣で相手にボールを取られてそのまま簡単にゴールされることが多く、その影響でJ2に落ちてしまいました。
 
 しかしJ2では無類の強さを見せ、勝点を100も積み上げて昇格しました、その後そのままJ1でも圧倒的な力を示しましたが、なかなかタイトルまでは届かなかったところを森保一監督が整備して、毎年のように覇権争いを繰り広げて、いくつかのタイトルを獲りました。
 
 その広島の土台を作り上げたミハイロ・ペトロビッチ監督が浦和を率いることになり、一時期の低迷から脱し、優勝戦線に復活。そして2016年にはルヴァンカップ制覇を果たしました。
 
 Jリーグのトップを走り、結果を残しているチームのサッカーをモデルに、他のJクラブが積極的に採用していった。そう考えるのが自然な流れだと思います。
 
 2点目は、より多くの選手で守りを固められる、守備重視の布陣ということです。J2での採用クラブが急増したのは、まさにこのポイントが大きな理由だと思っています。
 
 守備時は、本来3人のセンターバックで守るところを4人の中盤の両サイド(ウイングバック)がサイドバックのような位置まで、ポジションを下げて守ります。そのため、守備時は5バックだと見る向きが強いのです。
 
 FW1枚を残して、中盤は2ボランチとトップ下のふたりで守り、低い位置で9人、ゴールキーパーを加えて10人で守ります。
 
 ひとがたくさんいるので、味方同士の距離感が近くなり、当然、相手が攻めるスペースは少なくなります。ひとりの選手が突破されても、次の選手が素早くカバーできるのが特徴です。