GK田口潤人がプロA契約を締結した

写真拡大

 藤枝MYFCは26日、横浜F・マリノスから期限付き移籍中のGK田口潤人とプロA契約を締結したと発表した。9日に行われたJ3リーグ第22節の琉球戦で規定の通算出場時間1350分を満たした。

 ジュニアユースから横浜FMの育成組織で育った田口は2015年にトップチームに昇格。今季から藤枝に期限付き移籍し、第2節のFC東京U-23戦でJリーグ初出場を果していた。ここまで17試合に出場している。

 田口はクラブの公式サイトを通じて、「A契約になれたことを素直に嬉しく思います。1350分、うまくいくこともうまくいかないことも全てが自分の糧となりとても濃い時間でした。いつも支えてくださっているたくさんの方々に感謝し、これからも藤枝MYFCの勝利のために全力を尽くしたいと思います」とコメントしている。

 また、移籍元の横浜FMもコメントを発表し、「プロになった時、3年目までにA契約になることは一つの目標でした。このタイミングで締結することができ、素直に嬉しく思います。今年から新しい環境に飛び込み、たくさんの方々に支えられていることを改めて感じます。感謝の気持ちを常に持ち、これからも日々成長していきたいと思います」とメッセージを送っている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ