2015年チャンピオンの日比野菜緒が1時間6分のストレート勝利で2回戦へ [タシケント・オープン]

写真拡大

「タシケント・オープン」(WTAインターナショナル/ウズベキスタン・タシケント/9月25〜30日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、第7シードの日比野菜緒(LuLuLun)が予選勝者のイリーナ・クロマキワ(ロシア)を6-3 6-2で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間6分。

 今大会に3年連続出場となる日比野は、初出場だった2015年にWTAツアー初タイトルを獲得。昨年はふたたび決勝進出を果たしたが、クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)に3-6 6-2 3-6で敗れていた。

 この結果で日比野は、クロマキワとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。ともに22歳の両者はジュニア時代の2011年に全豪オープン・ジュニア(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の2回戦で初対戦しており、クロマキワが6-3 6-0で勝っていた。

 日比野は2回戦で、カテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)と対戦する。ボンダレンコは1回戦で、アンナ・ブリンコワ(ロシア)を6-3 6-2で下しての勝ち上がり。

 オクサーナ・カラシニコワ(グルジア)とのペアで第2シードとしてダブルスにも出場している日比野は、リジヤ・マロザバ(ベラルーシ)/サビーナ・シャリポワ(ウズベキスタン)との初戦を控えている。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「タシケント・オープン」(ウズベキスタン・タシケント)の1回戦でイリーナ・クロマキワを破った2015年覇者の日比野菜緒(全米オープンでのもの)
Photo:NEW YORK, NY - AUGUST 30: Nao Hibino of Japan reacts against Catherine Bellis of the United States during their first round Women's Singles match on Day Three of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 30, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Richard Heathcote/Getty Images)