@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

ADVAN dB 8年目の進化

横浜ゴムは、フラッグシップブランド「ADVAN」の新商品「ADVAN dB V552(アドバン・デシベル・ブイゴーゴーニ)」を11月1日より日本発売する。同時期に海外へも展開していく予定だ。

「ADVAN dB V552」は2009年に発売された「ADVAN dB」の最新モデルで、コンフォートタイヤに属する。

パターンデザイン、プロファイル形状、内部構造、部材レベルの設計に至るまですべてをゼロから見直し、再設計することで、従来品に比べて騒音エネルギーを32%低減。また、シリカの分散性を高めたコンパウンドなどを新開発し採用した。

これまでと違う点

具体的には、サイド部全体で衝撃を吸収するプロファイルにし、1点に集中してしまう場合に比べて振動の発生を抑制した。また、接地面をフラットな形状にし、接地形状を正確にコントロールすることで、燃費性能、操縦安定性、耐摩耗性を向上している。

これにより、国内タイヤラベリング制度において、
・全サイズで転がり抵抗性能 “A”
・多くのサイズでウェットグリップ性能最高グレード “a”
を獲得した。


「ADVAN dB V552」は、
・プレミアムセダン
・プレミアムミニバン
・EV
・ハイブリット
・コンパクトカー
・軽自動車
など、従来に比べ様々な車両タイプのドライバーから静粛性のニーズが高まっていることを受けて開発。幅広いサイズラインナップを有することで多くの車種に対応した。


サイズは155/65R14 75H〜265/35R18 97W XLの全24種。今後も順次サイズ追加を計画しているという。価格はオープンプライス。