ベイル“伝説のゴール”再現なるか ドルトムントDFバルトラとの因縁にスペイン紙注目

写真拡大

CLで激突する両者 レアル史に残る一撃で対決した二人の再戦に期待が高まる

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)第2節の注目カードの一つとなっているのが、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと2連覇中の王者レアル・マドリードの一戦だ。

 この試合ではドルトムントのスペイン代表DFマルク・バルトラ対レアルのウェールズ代表FWギャレス・ベイルによる“再戦”の実現にも期待が集まっている。

 スペイン紙「マルカ」は、「ベイルvsバルトラの再戦」と題して特集。バルトラがバルセロナでプレーしていた2014年4月に、スペイン国王杯の決勝で二人は直接対決している。

 1-1で迎えた後半40分、レアルは自陣左サイドのタッチライン際でDFファビオ・コエントラン(現スポルティング・リスボン)が縦パス。ハーフウェーライン上でパスを受けたベイルは、前方のスペースを確認してから大きくボールを蹴り出して急加速した。

 ブロックに入ったバルトラは体を当ててベイルをタッチラインの外へ押し出したものの、すでにトップギアに入っていたベイルは大回りになりながらもバルトラをスピードで圧倒。そのままゴール前まで持ち込み、左足で決勝ゴールを決めてチームにタイトルをもたらしている。

ソシエダ戦で圧巻のスピードを見せ話題に

 このベイルの衝撃のスピードは瞬く間にSNSや動画サイトで拡散され、キャリアのベストゴールの一つにも数えられるものとなった。「マルカ」紙も「あのゴールは間違いなく、マドリードに来てからのベイル個人にとって最高の瞬間。そして、バルトラにとっては忘れられないものだろう」と紹介。再戦にも期待している。

 昨夏にバルトラがドルトムントへ移籍したため、スペインでは実現しなかった因縁の対決が、CLという舞台で実現するかもしれない。ドルトムントとレアルは昨季もCLグループステージで二度対戦しているが、その時はいずれも片方が欠場してマッチアップは実現しなかった。

 このところ負傷に悩まされていたベイルだが、17日のリーガ第4節レアル・ソシエダ戦(3-1)ではMFイスコのパスに抜け出し、相手DFを背後からぶち抜いてゴールを決める驚異のスピードを見せつけたばかり。その時は時速35kmを叩き出したとして、話題にもなっていた。バルトラとの再戦でも、その自慢の快足を見せてくれるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】レアル・マドリード公式YouTubeチャンネルが公開した、2013-14スペイン国王杯決勝でのベイル伝説の「50mドリブル弾」

https://youtu.be/yWVrolNQ4RU

レアル・マドリード公式YouTubeチャンネルが公開した、2013-14スペイン国王杯決勝でのベイル伝説の「50mドリブル弾」