元バルサDFマテュー、古巣戦でゴールしたら「あの2人に喜びぶつける」

写真拡大

今夏バルセロナを離れ、スポルティング・リスボンへ移籍したフランス人DFジェレミ・マテュー。

ミッドウィークには、UEFAチャンピオンズリーグで古巣と対戦する。

それに向けて、『Marca』がロングインタビューを敢行。そのなかで、バルサについてこう述べた。

ジェレミ・マテュー(スポルティングDF)

「(ーもし水曜日にゴールを決めたら、喜ぶ?)

分からないな。元チームメイトやファンたちに大きな敬意を持っているからね。

もし喜ぶなら、バルトメウ(バルサ会長)とロベルト・フェルナンデス(バルサSD)に対してになるだろうね。

彼らの僕に対する扱い方は非常に厳しいものだったと思うから」

「(ー彼らには後味の悪さが残った。)

彼ら2人だけさ。でもこれもフットボールだし、今の僕はとても幸せさ。もう気にしてないよ」

古巣に対してリスペクトを持っているとしながら、首脳陣への不満を明かしていたそう。