激しいアクティビティでも360度逃さず記録

写真拡大

GPS機器およびフィットネス機器などを手がけるガーミンジャパン(埼玉県富士見市)は、同社初だという360度アクションカメラ「VIRB 360」を2017年9月28日に発売する。

揺れの激しいアクティビティでもブレのない動画撮影

4K(3840×2160ピクセル)解像度/30fps(コマ)映像を編集作業の手間なく生成できるほか、最大5.7K(2880×2880ピクセル)解像度の撮影にも対応。常に水平方向の映像を出力できる映像処理機能「スマートスタビライゼーション」により、揺れの激しいアクティビティでもブレのない動画撮影が可能だ。4方向にマイクを搭載し、カメラのあらゆる動きにも音源を逃さず録音できる。

内蔵GPSや別売のセンサーを接続すれば、映像だけでは分かりにくい速度や高度、気温などの環境情報や撮影者の生体情報をデータオーバーレイで映像中に表示できる「G-Metrix」機能を搭載する。

手が使えない状況でも録画の開始/停止、静止画の撮影などを音声で操作できる「ボイスコントロール機能を備える。「VIRB App」を使用すれば動画の編集や安定化処理、「G-Metrix」のデータオーバーレイを挿入でき、完成した映像をSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などにアップロードして共有可能だ。

10メートル防水性能を備えるほか、気圧高度、コンパス、加速度の各種センサーを内蔵。記録メディアはmicroSD(最大128GB)。チャージング/三脚/アクションの各クレードル、カメラ三脚、ハンドグリップなどが付属する。

価格は9万2408円(税別)。