イソフラボンをより吸収しやすくしたはっ酵豆乳

写真拡大

ヤクルト本社は、はっ酵豆乳飲料「ヤクルトのはっ酵豆乳」を2017年10月2日に発売する。

飲みやすいヨーグルト風味

1本に「乳酸菌 シロタ株」を300億個、「イソフラボン」を10ミリグラム(アグリコンとして)配合。「豆乳」を「乳酸菌 シロタ株」で発酵させることによって、豆乳と比べて「イソフラボン」を吸収しやすくしたという。また、豆乳独特のにおいを減らし、飲みやすいヨーグルト風味に仕上げた。

さらに、原材料に脂肪分を抑えた低脂肪豆乳を使用することで、「脂肪ゼロ」「コレステロールゼロ」のダブルゼロを実現。

ヤクルトレディによる訪問販売、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで取り扱う。

内容量100ミリリットル、価格は130円(税別)。