見た目も味も、まるでモッツァレラチーズ!? /調理:牛尾理恵 撮影:木村拓

写真拡大

ほかにも「豆腐」を使ったレシピをチェック!

秋のおしゃれを楽しむために、絶賛ダイエット中のみなさま。あっさりさっぱりしたものばかりのダイエットメニューに飽きてきたら、「塩豆腐」を作ってみて。豆腐に塩をまぶすだけでできる塩豆腐は、豆腐のヘルシーさはそのままに、味わいはモッツァレラチーズそのもの! トマトと合わせてカプレーゼ風に、おろしにんにくやオリーブオイルと混ぜ合わせてディップにと、アレンジも広がります。水分が抜けてもっちりとした食感になるので、食べ応えもアップ。塩豆腐で、おいしく健康的なダイエットを!

■ 【塩豆腐のカプレーゼ風】

<材料>(2人分)

塩豆腐2/3丁分※材料は1丁分(絹ごし豆腐1丁、塩)、トマト1個、バジル6枚、粗びき黒こしょう、オリーブ油 

<下ごしらえ>

(1)豆腐を厚手のペーパータオルにのせて表面に塩小さじ1/2をふり、指先で均一に広げる。

(2)豆腐の上下を返し、同様に塩小さじ1/2をふって広げる。

(3)ペーパータオルで豆腐を包み、さらにラップで包んでバットにのせ、冷蔵庫で半日以上おく。※半日〜1日ごとにペーパータオルを替えて3〜4日保存できる。

<作り方>

(1)塩豆腐は縦半分に切って端から1cm厚さに切る。トマトは縦半分に切って縦1cm厚さに切る。

(2)1を交互に皿に並べ、バジルをちぎってのせる。こしょう少々をふり、オリーブ油適宜をかける。

(126kcal、塩分1.1g)

 

「塩豆腐のディップ」「カレー塩豆腐のタンドリー風」など、アレンジレシピもおすすめです。