錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

“レジェンドの集い”で苦戦強いられた世界選抜に海外メディアが参戦期待

 男子テニスで今年から新設された「レーバー・カップ」は欧州選抜対世界選抜の対抗戦として行われた。世界ランク1位ラファエル・ナダル(スペイン)、同2位ロジャー・フェデラー(スイス)らのコンビ結成が大きな話題として先行していたが、次回に向け、右手首痛で離脱中の錦織圭(日清食品)を待望する声が海外メディアから上がっている。

 豪華メンバーが一同に会した大会だった。2度の年間グランドスラムを達成した往年の名選手、ロッド・レーバー(オーストラリア)の名前を冠し、功績を称えるために創設。欧州選抜がビヨン・ボルグ(スウェーデン)、世界選抜がジョン・マッケンロー(米国)という一時代を築いた名プレーヤーが主将を務め、対抗戦の形式で繰り広げられた。

 参加したメンバーも超豪華だ。欧州選抜はナダル、フェデラーを筆頭にマリン・チリッチ(クロアチア)、ドミニク・ティエム(オーストリア)、さらに進境著しいアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)らが欧州選抜を形成。ジャック・ソック(米国)、ニック・キリオス(オーストラリア)、フアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)といった世界選抜を迎え撃った。

 結果は獲得ポイントで15-9で欧州選抜が世界選抜に差をつけた結果となったが、今大会で最も大きな話題を呼んだのは、ナダル&フェデラーのレジェンドコンビを結成したこと。大会を終え、UAE紙「The National」は「最も大事なことは、大会を長年に渡り、継続して活気づかせることだ」と総括し、日本人エースの待望論を上げている。

来季は欧州選抜がさらに強化…世界選抜は「ニシコリは脚光浴びせるべき存在」

「ナダル、フェデラーの2大レジェンドらの活躍により、記念すべき第1回目の開催は華々しい成功を収めた」とした上で、「欧州選抜に世界ランク上位が集中していたことで、選手には注目されていたが、試合の勝敗事態には焦点が当たりづらい環境にあった。そして、1位、2位が、あのナダルとフェデラーだ」と欧州選抜の黄金コンビがスポットライトを浴びたことに言及した。

 さらに、次回は故障で離脱中のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アンディ・マレー(英国)が欧州選抜に加わることを紹介した上で世界選抜について「現状はとても太刀打ちできるバランスにない」と指摘。そこで期待される一人が錦織になるという。

「そのため、今回欠場したマリン・チリッチ、ケイ・ニシコリは脚光を浴びせるべき存在となる」

 このように記し、世界ランク5位のクロアチアの28歳とともに、日本のエースが大会を盛り上げ、注目を受けるような存在になることを期待している。錦織は8月に右手首痛により今季残り全日程の欠場を発表。来シーズンの復帰を目指し、リハビリに励んでいる。

 戦列を離れているが、こうした場面で名前が挙がることもトッププレーヤーであることの裏返し。まずは万全の状態に戻し、次回大会は“レジェンドの集い”に「世界のニシコリ」として、スポットライトを浴びることを期待したい。