不倫相手に選ばれる男とは…(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 好みのタイプは人それぞれ──。そうはいっても何だか違和感が拭えないのが今夏、世間を賑わした“輝く女性”たちの不倫騒動だ。元アイドルで女優の斉藤由貴(51)、“初代アニー”で東大卒、元検事の山尾志桜里衆議院議員(43)、国民的アイドルSPEEDの元メンバーで参議院議員の今井絵理子氏(33)。彼女たちが不倫相手に選んだ男たちには、「妙な共通点」があった。

 美人でしかも憧れの有名人が目の前に現われれば、男たる者、“深い仲”になることを夢見るもの。

 斉藤とのキス写真などが報じられた妻子持ちの50代医師は「若い頃ファンだった女優が突然、自分の近くに現われた」と不倫の経緯を語り、今井との不倫疑惑が持ち上がった元神戸市議の橋本健氏(37)もSPEED時代からファンだったという。政界進出を目指していたとされる倉持麟太郎弁護士にとっても、「民進党のジャンヌダルク」と称された9歳年上の山尾氏は憧れの存在だったに違いない。

 彼らはどうして高嶺の花に、不倫相手として“選ばれた”のか。

◆“空気を読まない”のがイイ?

『人はなぜ不倫をするのか』などの著書があり、18年間にわたって不倫当事者の取材を続けるライターの亀山早苗氏は、“高嶺の花”に選ばれる男には共通の条件があるという。

「タレントや政治家のように個人で活躍している女性は、サラリーマンではなく、“フリーランスの男性”を選ぶことが多い。

 ただし、フリーといっても一定の条件をクリアする必要はあります。女性からすれば、“私のお金をアテにしていない”“知名度を利用しようとしない”“時間も私の都合に合わせてくれる”が重要です。3人のお相手は医師、議員、弁護士だった。“売れないバンドマン”ではなかなかうまくいかないのです」

 その一方で、3人の男性がいかにもな“エリート”かというと、そうでもないのだ。芸能記者が言う。

「斉藤の相手は、メディアに取り上げられるような著名な医師だったわけではなく、今回テレビの取材に女性レポーターの手を握って“実演”する様子などから『(斉藤の)旦那さんの方が落ち着いたイケメンなのに』という声が知人などから上がっていました。橋本元市議が、政務活動費の不正を続けていた人物なのはいまや周知の通り。倉持弁護士もメディア露出を狙っていたようですが、まだまだメジャーな媒体に登場するほどではなかった」

 知名度や肩書き、経済力で、彼女たちを上回るわけでもない。亀山氏は「自分よりも“ちょっと下の男”であることも大事」という。

「バリバリ働いている女性には、癒されたいという欲求もある。そこで安心できて可愛らしい部分がある男性に惹かれるんです。男性たちが“かつてファンだった”というのもキーポイントですね。ファンといわれれば悪い気はしないし、そこから好意が生まれます。同窓会不倫と同じような構図で“あの頃好きだった。相変わらずキレイだ”なんていわれると女性も舞い上がってしまいます」

 相手が有名人となれば、普通は腰が引けてしまうが、そこを突破できる“特性”を持つ男性であることも重要だという。

「“高嶺の花”とされがちな女性たちは、ドーンとアタックしてくる男性にコロッといってしまうんです。周りにいるのは、ペコペコするご機嫌伺いの男性か、拒絶されるのがイヤで一線を超えようとしない男性ばかり。そこにぶつかってくる、ある意味『空気を読まない男性』は新鮮に映る。上から目線や空気が読めない言動で女性から“ウザい男”と疎まれるくらいのほうが“高嶺の花”には強いんです」(亀山氏)

 亀山氏は、会社役員で美人として有名だった40代女性が、同じ業界内の小さな会社の課長と不倫に陥ったケースを例に挙げる。

「接点がなかった2人でしたが、業界関連のパーティで、“空気の読めない”男性が年上で雲の上の存在の女性役員に気兼ねなく声をかけた。女性役員は“ひとりの女性”として扱われたことで、恋に落ちてしまったんです」

◆周りが見えずに“手つなぎ”

 一見うらやましい“高嶺の花”との不倫だが、その分リスクも大きくなる。斉藤は公衆の場で男性医師と手をつなぎ、山尾氏も「週4回密会」では堂々と車の助手席に乗り、今井氏は新幹線での、“手つなぎ爆睡”を撮られてしまうなど、揃って脇が甘かった。

「配慮ある男性なら“あなたのような有名人が、誰が見ているかわからない場所でこんなことしたらまずい”と自重するはず。でも、空気が読めない男性は、気が回らない。それどころか“道ならぬ恋だけど、君のことをこんなに想ってるんだ”と証明せんばかりに手を握って歩いたりする」(亀山氏)

 そうしてバレてしまえば、もちろんその代償は大きい。それは斉藤や山尾氏、今井氏の不倫相手の「その後」を見ても明らかだろう。

「先の男性課長の不倫でも、女性役員との関係がバレて業界を追い出され、妻にも離婚届を突きつけられて、今はアルバイトをしながら寂しく一人暮らしをしているそうです」(亀山氏)

 高嶺の花には摘もうとするより、眺めるだけのほうが幸せなのかもしれない。

※週刊ポスト2017年10月6日号