渡辺直美のスタイリストは元チェキッ娘!大瀧彩乃の“7つのルール”

写真拡大

アイドルグループ「チェキッ娘」の元メンバーで、現在はスタイリストに転身し、渡辺直美のファッションを支えている大瀧彩乃を、カンテレ・フジテレビ系で9月26日(火)に放送される『セブンルール』(毎週火曜23:00〜)が特集する。

この番組は、タレントのYOU、芸人の若林正恭(オードリー)、俳優の青木崇高、芥川賞作家の本谷有希子といった異色の4人がMCを務め、主人公の“7つのルール”に迫っていく新感覚ドキュメント。

大瀧は、ぽっちゃり系タレントを中心に衣装のスタイリングを手掛けており、渡辺をはじめ、柳原可奈子、横澤夏子ら12組のタレントを担当。体型を活かすことで魅力を引き出すスタイリングテクニックが評判を呼び、テレビ、雑誌、ファッションショーと仕事の依頼が絶えない。今年5月には、自身のおしゃれテクニックを伝授する『ぽっちゃり女子向けのファッションbook』を出版するなど、多方面に活躍している。

今でこそ裏方として働く大瀧だが、10代の頃はアイドルグループ「チェキッ娘」のメンバーとして表舞台で活動していた。幼い頃からファッションが大好きだった彼女は、アイドル時代に衣装でタレントの魅力を引き出してくれるスタイリストという仕事を知り、芸能界引退後にスタイリストのアシスタントとして働き始めた。厳しいアシスタント生活を心配し、母親は「普通の仕事」を勧めたが、彼女は「私にはこれしか出来ないから」とがむしゃらに頑張り続けたという。

スタイリストの仕事は、衣装の買い付け、リース、返却、事務作業と多岐に渡り、12組のタレントを担当する彼女は、いつも重い荷物を両手いっぱいに抱え、足が棒になるまで衣装を探す。ある日、衣装の買い付けで韓国を訪れた際も、他と被らないように、日本にはないデザインや素材を求めてソウルの街を夜中まで歩き回っていた。そんな彼女が大切にしているのは、愛犬と家族と過ごす時間だ。売れっ子スタイリストは束の間の休日をどのようにリフレッシュしているのか? そしてセブンルールとは?

スタジオでは、MC陣が“スタイリストの裏側”トークを展開。YOUがスタイリストに頼まず、すべて自前の衣装を着ている意外な理由を明らかにする。また、若林のガールズバー通いを、スタイリストのアシスタントがハライチ澤部にバラした理由も判明。さらに、若林流オシャレのルールに、3人が揃ってダメ出しをしていく。

そのほか、YouTubeのカンテレ公式チャンネルでは、未公開トークを公開中。スタジオメンバーが衣装の決め方を明かしていき、本谷は「テレビに出る側の人間でもないし……」と自身のスタイリングに対する考えを告白。若林は「『セブンルール』は他の番組よりオシャレにしている」と語り、「俺とか山ちゃんが○○したら地獄」と分析する姿が公開されている。