画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JALとハワイアン航空(HA)は9月26日、利用者の利便性の向上を目的とし、包括的業務提携契約を締結した。

両社は、双方の日本=ハワイ路線でのコードシェア、ラウンジの相互使用、マイレージプログラム提携などを実施。利用者の利便性の向上に資する両社ならではの業務提携を、来年の夏季ダイヤが始まる2018年3月25日より順次開始する。

コードシェア(対象路線)は、HA運航便が成田=ホノルル、羽田=ホノルル・コナ、関西=ホノルル、新千歳=ホノルル、JAL便と乗り継ぎ可能な、HA運航ハワイ州内路線。JAL運航便は、 成田=ホノルル・コナ、関西=ホノルル、中部=ホノルル、HA便と乗り継ぎ可能な、JAL運航国内線およびアジア路線。

JALPAKによる造成商品は、HA便(日本=ハワイ)を利用した旅行商品を発売。マイレージ提携は、両社のマイレージプログラム会員用に、両社のコードシェア便においてマイル積算が可能となる。特典航空券の利用については、2018年度以降準備が整い次第開始する。

ラウンジプログラムでは、両社が運営する日本およびハワイでのラウンジの利用が可能となる。また、HAの成田空港におけるターミナルの変更も実施。HAは両社の乗り継ぎ利便性向上を図るべく、現在利用している成田空港第1ターミナルからJALが利用している成田空港第2ターミナルに移転する予定となる。

さらに両社は将来的に、日本=ハワイ路線のみならず、ハワイ=アジアマーケットにおいても、利用者の利便性やサービス向上を実現するため、共同事業の検討を行うとしている。共同事業は、具体的にはダイヤ調整、販売活動、サービス品質向上などの活動を一体となって行うことを示している。

両社は今後も、ハワイの魅力を世界中に発信し、利用者へ快適な空の旅を提供できるよう、さまざまな施策に取り組んでいく、としている。