齋藤学が右膝前十字靱帯損傷により全治8か月

写真拡大

[故障者情報]

 横浜F・マリノスは26日、MF齋藤学が右膝前十字靱帯損傷により『全治8か月の見込み』との診断を受けたことを発表した。

 齋藤は23日に行われたJ1第27節・甲府戦に先発出場したが、後半19分にDFエデル・リマと接触し、右膝を抑えてピッチに倒れ込んだ。その後、治療を終えてピッチに戻ったが、後半27分にMFイッペイ・シノヅカと交代していた。

 今季から磐田に移籍したMF中村俊輔の背番号10を継承し、キャプテンを務めていた齋藤。ここまでリーグ戦25試合に出場し、16日の第26節・柏戦で今季初ゴールを決めたばかりだったが、一足先に今季終了となってしまった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ