「“素の山田涼介”を出したかった」 廣木隆一監督が明かす『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の撮影ウラ話

写真拡大

 Hey! Say! JUMPの山田涼介主演『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が現在公開中だ。全世界販売累計500万部を記録する東野圭吾の同名長編小説を映画化した本作は、監督の廣木隆一と脚本の斉藤ひろしのタッグで制作した人間ドラマ。悪事を働き、廃業したナミヤ雑貨店に逃げ込んだ矢口敦也(山田涼介)、小林翔太(村上虹郎)、麻生幸平(寛一郎)の3人が、32年前に書かれた手紙を発見したことで、不思議な体験に巻き込まれていく模様が描かれる。リアルサウンド映画部では、廣木隆一監督にインタビューを行い、製作の経緯や、本作での登場人物について話を聞いた。

■「ラストのシーンは三者三様の動き方がある」

ーー本作の監督を務めることになった際、率直にどのような感想を抱きましたか?

廣木隆一監督(以下、廣木):正直、すごく難しいなと思いました。途中まで仕上がっていた脚本を読んだ時点で、監督の話をいただいたのですが、この作品はファンタジーだし、時空を超えた物語でもあります。だから、映画として一本にまとめていくのが大変なんだろうなと。どのようにまとめるかを考えた末に、一晩の間に敦也たち3人(翔太、幸平)がどのように成長していくかを軸に描くことにしました。ファンタジーだからといって、過剰に幻想的な表現はしたくなかったので、ある程度リアルな感情が見える作品にしたいと考えて作りましたね。

ーー本作は、時空を越えていく物語でありながら、理解しやすいと感じました。時間の流れを描く際に、どんな工夫をしましたか。

廣木:最初に登場するナミヤ雑貨店はとても綺麗ですが、次第に朽ちていく様子を各美術さんが演出してくれました。ロケハンが上手くいって、豊後高田に昭和的な街並みが残っていたので、そこで撮影できたのが良かったです。脚本の段階で斉藤ひろしさんと相談はしていて、登場人物がそれぞれどの時代に出てくるかが決まっていたのも、やりやすかったです。迷える子犬(田村晴美・尾野真千子)は、劇中で常に年齢を重ねているので、そこはしっかりと表現したかったのですが、難しかったですね。

ーー山田さんが「怒られる時も3人一緒だった」とインタビューで話しているのが印象的でした。敦也、翔太、幸平の3人は、それぞれどんな風に演出しましたか。

廣木:登場人物が多いので、「この人誰だっけ?」と思わせないように、3人それぞれのキャラクターをわかりやすくすることに注力しました。ナミヤ雑貨店でのシーンは3人だけの芝居なので、ひとりひとりの役がちゃんと立って初めて3人の雰囲気というか、アンサンブルが感じられる。ラストのシーンは三者三様の動き方があると思っていました。その結果として、原作とは違う結末になっています。

「山田涼介は等身大の男の子の役をあまりやっていない」

ーーベテラン俳優の西田敏行さんと若手3人の役者のコラボは新鮮に感じました。共演シーンはありませんでしたが、現場でも彼らが出会うことはなかったのでしょうか?

廣木:芝居上で彼らが会う場面はありませんでしたが、涼介は自分の出番がなくても西田さんのお芝居を見にきて、どんな風に作ってるのか学んでいるようでした。ロケに行った際に一緒に食事する機会もありました。役者さん同士は、意外と普段はお互いに出会えなかったりするので、この機会に話ができて良かったんじゃないかな。

ーー廣木監督は西田さんと一緒に作品を撮るのが念願だったと聞いています。

廣木:西田さんは、長いキャリアのある名優ですが、現場でそういう役者さん特有のピリピリした雰囲気を作るのではなく、自然体で芝居をしてくれたので、スタッフもキャストもやりやすかったと思います。現場に入られた時から、浪矢雄治の人柄で入ってきたのも驚きました。最初からそれができる俳優さんはなかなかいません。僕にとっても非常に勉強になりました。

ーー廣木監督の前作『彼女の人生は間違いじゃない』の際に、高良健吾さんがインタビューで「廣木さんはその人から出てくるものを確実に尊重してくれる」と話していました。(瀧内公美&高良健吾『彼女の人生は間違いじゃない』インタビュー 瀧内「脱ぐことが表現の一部だと感じた」)今回、主演の山田さんからはどんな部分を引き出そうと考えていましたか。

廣木:山田涼介はエンターテイナーであり、Hey! Say! JUMPのメンバーのひとりでもあります。でも、その時って、“Hey! Say! JUMPの山田涼介”を演じているはずだし、ほかの映画でも等身大の男の子の役ってあまりやっていないので、“素の山田涼介”が映画の中で出てくればいいなとは思っていました。実際に涼介からも、普通の青年の役に憧れというか、やる気を感じたので、そこは意見が一致していましたね。

ーーでは、西田さんからはどんな部分を引き出しましたか?

廣木:西田さんの場合は「どんな芝居してくれるのかな?」と、僕がいち観客のような感覚で見ていました。演出するなんて、とてもできませんよね(笑)。西田さんには引き出しがいっぱいあって、それをひとつずつ開けて見せてくれるような感じでした。とても面白く、楽しませてもらいました。

ーー実際に西田さんの演技や他の役者さんの演技を見て、考えていた構想を変更することはありましたか。

廣木:僕の場合、役者の芝居を見てからある程度考えたりするので、変えることは日常茶飯事です。頭の中で事前に描いている構想はひとつありますが、芝居を見てもっと良い案が浮かんだら、そのイメージで撮ろうって思う。門脇麦ちゃんが砂浜で踊るシーンも、もともと台本になくて、前日に「踊って」と話して踊ってもらいました。麦ちゃんとは、これまで何作か一緒に映画を作って、ダンスができるのは知ってたから、ずっとパフォーマンスしてほしいなと思っていたんです。実際の踊りもとても良かったし、嬉しかったですね。

(参考:セリ(門脇麦)「REBORN」MV

■「常に『良い映画を作る』ことを念頭に」

ーー昨今、メールやLINEなどでコミュニケーションをすることが多い中、この作品では手紙にスポットが当てられています。手紙そのものの魅力を改めて伝えようという意図はあったのでしょうか?

廣木:昔はみんな一生懸命に手紙を書いていて、今はメールに変わったと思うんですけど、長文の人もいれば短い人もいて、本質的にはそんなに変わらないのではないかと考えてます。手紙の方がいいねとは思わないし、手紙のような文章をメールで送る人もいます。肝心なのは言葉ではないでしょうか。手紙とかツールじゃなくて、言葉。手紙もメールもちゃんと言葉があって、言葉がないと伝わらない。手書きであることに思いが込められていると感じるかもしれないけど、メールだって絵文字をつける人がいっぱいいるし、その人の個性があったりする。ツールが変わっていくのは自然なことだと思うので、改めてここで「手紙の方がいい」という意図はありませんでした。

ーー少女漫画原作の作品から、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のようなファンタジー作品まで、廣木監督は幅広いジャンルを手掛けています。作品のジャンルによって意識していることはありますか。

廣木:少女漫画原作の映画と『ナミヤ雑貨店の奇蹟』って、僕の中ではそんなに違うという認識はなくて、ただ“映画を撮っている”という意識だけです。パート2があっても、きっと同じようにはやらないと思います。『ナミヤ雑貨店の奇蹟』でやるべきことは、すべてやり尽くしているので。もちろん、この作品でできたことを、次の作品で活かしたいなとは思いますが。ジャンルやシリーズには縛られず、常に「良い映画を作る」ことを念頭に、新しいものにチャレンジし続けたいですね。

(大和田茉椰)