握手を交わす金副首相(左)と佐々木会長(企画財政部提供)=26日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官は26日、政府ソウル庁舎で日韓経済協会の佐々木幹夫会長ら日本企業関係者と会談し、年内に韓日財務相会談を開き、両国が直面した問題について具体的かつ実質的な協力策を打ち出す考えを明らかにした。

 金副首相は文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相が首脳会談で未来志向の関係を構築していくことで一致したことに言及し、幅広い分野で実質的な交流と協力を強化していく姿勢を示した。

 また、韓国に進出している日本企業に対し、必要な支援を惜しまないと強調した。