DOBERMAN INFINITY

 男性5人組ラップ&ボーカルグループのDOBERMAN INFINITYが25日に、3カ月連続リリースのラストを飾る第3弾、グループ初のクリスマスに贈るウィンターラブバラードシングルを11月22日にリリースすることを発表した。

 これまで第1弾として、13日にAK-69と初のコラボレーションシングル「Shatter」をリリース。第2弾は、10月4日に初の映像作品となるDVD&Blu-ray『iii -three-』のリリースを間近に控えている。

 そんな中、初尽くしとなる第3弾に今年最後の作品を飾るに相応しい、夏のイメージが強い彼らの6枚目のシングルにして初のクリスマスソングへの挑戦となるウィンターラブバラードのリリースが決定。

 クリスマスという幸せに溢れた季節に贈る、今幸せを感じている人には一番近くにいる人の大切さを改めて感じて欲しい、そして、傷ついた経験を持つ人には、この曲で隣に寄り添うことができれば、という想いで制作されたDOBERMAN INFINITYにとって新境地となる楽曲。カップリングはうって変わって、これぞドーベルというクリスマスパーティーを描いた楽曲となっている。