10代の若者にとって、気心の知れた友人たちと集まり、誰かの家に泊まって夜な夜な語り明かすほど楽しいことはないだろう。

それは、こちらのメイソン・バークレーさんにとっても同じ。

彼はゲイで、ヒューストンさんという女の子の親友である。

女子限定のお泊り会

親友なのだから、彼女の家で行われるお泊り会に参加したいと思うのは当然だろう。

ただし、ヒューストンさんの家では、「お泊り会は女子限定」という鉄則があり、このままではメイソンさんは参加を諦めざるを得ない。

ゲイだから安心して下さい!

そこで彼は、ヒューストンさんのママにメールして直談判することに。

that is MAY@maymaybarclay/Twitter

メイソンさんの訴えは、およそ以下のとおり。

ヒューストンさんのお母様、僕は最近娘さんと親友になったメイソンです。正真正銘ゲイなので、週末に行われるお泊り会に参加かせてもらえないでしょうか?

お泊り会は異性厳禁というのは、その下心が理由でしょうが、僕の場合異性には興味がありません。ご検討よろしくお願いします。

と、自身の健全性をアピールした。

これに対するママの返事がイカしている。

そうねえ、うちの主人はイケメンなんだけど…心配ないかしら?

彼はこの会話をTwitterに投稿。ツイートには1600件を超える「いいね」が付き、「ウケる」「お母さん最高!」「で、お父さんには会ったの?」「どんだけイケメンのパパだった?」と、人々の笑いを誘った。

ちなみに、ママはメイソンさんの参加を快諾、彼は女友達とお泊りを楽しんだという。