齋藤学の負傷と全治までの期間が発表された【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 横浜F・マリノスは26日、先週末23日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節のヴァンフォーレ甲府戦で負傷したMF齋藤学が右膝前十字じん帯損傷で全治8ヶ月の見込みであることを発表した。

 甲府戦に先発出場した齋藤は、負傷のため72分にイッペイ・シノヅカと交代していた。今季から背番号を「10」に変更して横浜FMのキャプテンに就任し、今月16日のJ1第26節・柏レイソル戦でシーズン初ゴールを挙げたばかりだった。

 攻撃の絶対的な柱を失ってしまったことは横浜FMにとって大きな痛手に違いない。J1で上位争いを繰り広げ、天皇杯優勝も狙う今季の残りは齋藤なしで戦わねばならない。また、順調にいけば復帰は来年5月頃となるため、齋藤自身にとっても来年に控えるロシアW杯出場は厳しくなってしまった。

text by 編集部